本文へスキップ
   
 ●生化学研究室トップページへ

新着情報

2014.7.7
渡辺准教授の論文が、FEBS Open Bio誌に受理されました。

----------------------------------------------------------------------------

Seiya Watanabe, Yuzuru Tozawa, Yasuo Watanabe (2014) Ornithine cyclodeaminase/μ-crystallin homolog from the hyperthermophilic archaeon Thermococcus litoralis functions as a novel Δ1-pyrroline-2-carboxylate reductase involved in putative trans-3-hydroxy-L-proline metabolism
----------------------------------------------------------------------------


2014.6.6

渡辺准教授が、第55回日本生化学会中国・四国支部例会(愛媛大学城北キャンパス)で口頭発表を行いました。
----------------------------------------------------------------------------
細菌のトランス-3-ヒドロキシプロリン代謝経路の解明
○渡辺誠也1,谷本佳彰1,山内清司2,戸澤譲2,渡部保夫1
1愛媛大・農,2愛媛大・プロテオサイエンスセ
----------------------------------------------------------------------------

2014.6.5
コラーゲンに含まれるトランス-3-ヒドロキシ-L-プロリンの酵素による定量に関する国際特許を出願しました。
----------------------------------------------------------------------------
発明者:渡辺誠也,谷本佳彰
出願人:愛媛大学
発明の名称:3-ヒドロキシプロリンの分析方法、コラーゲンの測定方法、およびそれに用いるΔ1-ピロリン-2-カルボン酸還元酵素
出願番号:PCT/JP2014/065019
----------------------------------------------------------------------------

2014.5.29
沿岸研究センターの鈴木聡研究室と共同セミナーを開催しました。


2014.4.
プロテオサイエンスセンターの戸澤譲教授と渡辺准教授の共著論文が、Journal of Biological Chemistry誌に受理されました
----------------------------------------------------------------------------

Yuhta Nomura, Atsushi Izumi, Yoshinori Fukunaga, Kensuke Kusumi, Koh Iba, Seiya Watanabe, Yoichi Nakahira, Andreas P. M. Weber, Akira Nozawa, and Yuzuru Tozawa. (2014) Diversity in guanosine 3’,5’-bisdiphosphate (ppGpp) sensitivity among guanylate kinases of bacteria and plants.

----------------------------------------------------------------------------


2014.3.28.

渡辺准教授と福井大学との共同研究成果を、日本農芸化学会2014年度大会で発表しました
----------------------------------------------------------------------------
L-ヒドロキシプロリンのバイオセンシングシステムの構築
○小泉岳1、渡邊和也1、坂元博昭1,3、渡辺誠也4、里村武範2,3、末信一朗1,2,3
1福井大院・工・繊維先端
2福井大院・工・生物応化
3福井大・生命セ
4愛媛大
----------------------------------------------------------------------------

2014.3.
渡辺准教授の論文が、FEBS Open Bio誌に掲載されました

----------------------------------------------------------------------------
Seiya Watanabe, Yoshiaki Tanimoto, Seiji Yamauchi, Yuzuru Tozawa, Shigeki Sawayama, and Yasuo Watanabe. (2014) Identification and characterization of trans-3-hydroxy-L-proline dehydratase and Δ1-pyrroline-2-carboxylate reductase involved in trans-3-hydroxy-L-proline metabolism of bacteria. FEBS Open Bio 4, 240-250.

----------------------------------------------------------------------------


2014.3.

渡辺准教授と京都大学大学院農学研究科の澤山茂樹教授の共著論文が、Applied Biochemistry and Biotechnology誌に掲載されました

----------------------------------------------------------------------------

Seiya Asada1, Seiya Watanabe1, Tatsuya Fujii, Hiroyuki Inoue, Kazuhiko Ishikawa, and Shigeki Sawayama. (2014) RNAi knockdown of potent sugar sensor in cellulase-producing fungus Acremonium cellulolyticus. Applied Biochemistry and Biotechnology 172(6), 3009-3015.

1Equal contribution

2014.3.
渡辺准教授の出願したヒドロキシプロリンの酵素による定量法開発に関する特許が、JST(科学技術振興機構)のPCT(国際特許)出願支援対象課題に選定されました
2014.3.
渡辺准教授が、月刊ケミカルエンジニヤリング誌に特集記事を寄稿しました

----------------------------------------------------------------------------

生体サンプル中のコラーゲンを酵素で定量

月刊ケミカルエンジニヤリング 59(3), 36-41(化学工業社)

----------------------------------------------------------------------------

2014.2.21
卒業論文発表会が開催されました

越智望「大腸菌による5-アミノレブリン酸生産の検討」

谷本佳彰「細菌による3-ヒドロキシプロリン代謝経路の解明」

2014.1.25
渡辺准教授と修士1回生笹井雄貴が、日本農芸化学会中四国支部第38回講演会(例会)(香川大学農学部)で口頭発表を行いました

----------------------------------------------------------------------------

ヒドロキシプロリンを酵素で定量する

○渡辺誠也

愛媛大学農学部

----------------------------------------------------------------------------

バイオエタノール生産への応用を目的としたサッカロミセス酵母1200株の耐熱性の検討

○笹井雄貴1、泉可也2、渡辺誠也1

1愛媛大学農学部

2Bits

----------------------------------------------------------------------------


2013.12.
東京医科歯科大学と、生体試料中におけるヒドロキシプロリンの新たなバイオマーカーとしての可能性探索に関する共同研究契約を締結しました。
2013.11.29-30.
渡辺准教授が、2013年度国立遺伝学研究所研究会「細菌細胞の増殖と代謝研究会(スイッチング制御)」(静岡県三島市)で講演を行いました。3回生遠藤志織・秋庭一慶が参加しました。
2013.11.2
渡辺准教授が、日本農芸化学会中四国支部第16回若手シンポジウム「農芸化学における食と酵素の最新事情」において招待講演を行いました。
2013.10
渡辺准教授が、「公益財団法人 ホクト生物科学振興財団」の研究助成に採択されました。
長野市で開催される贈呈式では助成者を代表して講演を行います。
2013.9.11-13
渡辺准教授が第86回日本生化学会大会(パシフィコ横浜)で口頭発表及びポスター発表を行いました。
----------------------------------------------------------------------------
細菌によるコラーゲン由来ヒドロキシプロリン代謝に関する新知見
Novel insight of bacterial metabolism for hydroxyproline derived from collagen
○渡辺誠也1, 谷本佳彰1, 西脇寿1, 戸澤譲2, 渡部保夫1
1 愛媛大学農学部
2 愛媛大学プロテオサイエンスセンター
----------------------------------------------------------------------------

2013.9.9
コラーゲン特異的な3-ヒドロキシプロリンの酵素学的定量に関する特許を出願しました。
----------------------------------------------------------------------------
渡辺誠也、谷本佳彰
3-ヒドロキシプロリンの分析方法、コラーゲンの測定方法、およびそれに用いるΔ1-ピロリン-2-カルボン酸還元酵素
特願2013-186647
----------------------------------------------------------------------------

2013.9.6
修士1回生笹井雄貴が、日本農芸化学会関西・中四国・西日本支部および日本ビタミン学会近畿・中国四国・九州沖縄地区合同大会(2013年度合同広島大会)で口頭発表を行いました。
----------------------------------------------------------------------------
サッカロミセス酵母1200株を用いた五炭糖キシロース発酵の検討
○笹井雄貴、泉可也2、渡辺誠也1
1 愛媛大学農学部
2 Bits
----------------------------------------------------------------------------

2013.9.5
渡辺准教授が第9D-アミノ酸研究会学術講演会(関西大学千里山キャンパス)で口頭発表を行いました。

----------------------------------------------------------------------------
D 型異性体を介した細菌の新規L-ヒドロキシプロリン代謝経路の解明と産業応用
○渡辺誠也
愛媛大学農学部
----------------------------------------------------------------------------
2013.7
三回生が配属されました
2013.7
渡辺准教授が、学内研究活性化事業(産業シーズ研究)に採択されました
L-ヒドロキシプロリンの酵素学的定量法の開発」
2013.6.21.
渡辺准教授が、科学技術振興機構(JST)四国地区五大学新技術説明会(市ヶ谷JST東京本部別館ホール)で講演を行いました
「生体サンプル中のコラーゲンを酵素で定量」
2013.5.8
渡辺准教授がBioTech2013(東京国際展示場)で技術発表を行いました。
L-ヒドロキシプロリンの簡便・迅速な定量方法」
2013.4.30
L-ヒドロキシプロリンの酵素学的定量に関する特許(優先権出願)を出願しました。

渡辺誠也、森本大地、笹井雄貴

コラーゲン由来L-ヒドロキシプロリンの酵素学的定量に応用可能な新規酵素群

特願2013-95772
2013.4
渡辺准教授が、科学研究費補助金基盤研究Cに採択されました。
「細菌由来の新規L-ヒドロキシプロリン代謝酵素の解析」
2013.2.19
初めての4回生が卒業研究発表会で発表を行いました。
  笹井雄貴「サッカロミセス酵母1200株を用いた五炭糖キシロース発酵の検討
  早川美岐「L-ラムノースを代謝可能なサッカロミセス酵母の作出」
  森本大地「細菌由来のL-ヒドロキシプロリン新規代謝経路の解明」
2013.1.11

渡辺准教授が、愛媛大学研究活性化事業成果発表会で優秀ポスター賞を受賞しました。
2012.12.15
~16

渡辺准教授が、第85回日本生化学会大会(福岡国際会議場・マリンメッセ福岡)で口頭発表及びポスター発表を行いました。4回生森本大地が参加しました。
----------------------------------------------------------------------------
細菌由来の新規L-ヒドロキシプロリン代謝経路の解明
○渡辺誠也1, 森本大地1, 福森文康2, 四宮博人3, 西脇寿1, 河田美幸1,
笹井雄貴1, 戸澤譲4, 渡部保夫1

1 愛媛大学農学部
2 東洋大学生命科学部
3 愛媛県立衛生環境研究所
4 愛媛大学無細胞生命科学工学研究センター
----------------------------------------------------------------------------
2012.12.8~9
渡辺准教授が、2012年度国立遺伝学研究所研究会「代謝、増殖、分裂研究会」(静岡県三島市)で講演を行いました。4回生森本大地が参加しました。
 
プログラム(pdf)

2012.11.10
渡辺准教授が、第3回愛媛微生物学ネットワークフォーラム(NAME)で講演を行いました。
 ポスター(pdf)

2012.10.17
渡辺准教授が、科学技術振興機構(JSTA-STEPFSステージ・探索タイプ)の課題研究に採択されました。
2012.9.21
L-
ヒドロキシプロリンの細菌による代謝経路解明に関する論文が、Journal of Biological Chemistryに掲載されました。東洋大学の福森文康教授、愛媛県環境衛生研究所の四宮博人所長らとの共同研究です。
2012.7

三回生が配属されました
2012.6.29
L-
ヒドロキシプロリンの酵素学的定量に関する特許を出願しました。
2012.5.28
渡辺准教授が、農学部オープンキャンパスに合わせて開催された「日本農芸化学会中四国支部創立10周年記念第18回市民フォーラム」にて講演を行いました
2012.4.10

渡辺准教授が、「公益財団法人 旭硝子財団」の研究助成に採択されました
2012.4.1
渡辺准教授が、「公益財団法人 高橋産業経済研究財団」の研究助成に採択されました
2012.2

渡辺准教授が執筆した著書が出版されました
   著書名:Protein Engineering
   出版社:INTECH OPEN ACCESS PUBLISHER
2012.1.27

渡辺准教授が、農学部外部資金応募支援経費に採択されました
2011.12.6

渡辺准教授が、学内研究活性化事業(重点研究)に採択されました
2011.9.7

渡辺准教授が、「公益財団法人 日本生命財団 人間活動と環境保全との調和に関する研究」に採択されました
2011.6.15

渡辺准教授が、「公益財団法人 日揮・実吉奨学会」の研究助成に採択されました
2011.7.5

渡辺准教授が、学内研究活性化事業(萌芽的研究)に採択されました
2011.7

初めての学部生(3回生)が配属になりました



 【連絡先】
〒790-8566 愛媛県松山市樽味3-5-7
愛媛大学農学部 応用生命化学専門教育コース
生化学教育分野 (農学部本館328号室)
渡辺 誠也
Tel:089-946-9848
E-mail:irab@agr.ehime-u.ac.jp