学術論文 学術論文(査読無)・報告書等 著書 特許 博士論文 修士論文 卒業論文 学会発表(国際) 学会発表(国内)


学術論文
2015
Yagioka A, Komatsuzaki M, Kaneko N, Ueno H. (2015) Effec of no-tillage with weed cover mulching versus conventional tillage on global warming potential and nitrate leaching. Agriculture, Ecosystems and Environment. 200, 42-53.

当真要, 岩本玲奈, 稲吉佳緒里, 長崎信行, 上野秀人 (2015) 浅床栽培法を用いたレンコンの省力栽培におけるハスの生育・収量・品質および養分動態の評価. 日本土壌肥料学雑誌, 86, 89-97.

Anzoua GK, Suzuki K, Fujita S, Toma Y, Yamada T. (2015) Evaluation of morphological traits, winter survival and biomass potential in wild Japanese Miscanthus sinensis Anderss. populations in northern Japan. Grassland Science (2014年12月9日 受理).

Clark VL, Stewart JR, Nishiwaki A, Toma Y, Kjeldsen JB, Jørgensen U, Zhao H, Peng J, Yoo HJ, Heo H, Yu CY, Yamada T, Sacks JE (2015) Genetic structure of Miscanthus sinensis and M. sacchariflorus in Japan indicates a gradient of bidirectional but asymmetric introgression. J. Experimental Botany, doi:10.1093/jxb/eru511.

2014 
Sugihara, Y., Ueno, H., Hirata, T., Araki, H. (2014) Hairy vetch derived-N uptake by Tomato grown in a pot containing fast- and slow-release N fertilizer. J. Japan. Soc. Hort. Sci., 83, 222-228.

Anan T, Shimma S, Toma Y, Hashidoko Y, Hatano R, Toyoda M. (2014) Real time monitoring of gases emitted from soils using a multi-turn time-of-flight mass spectrometer "MULTUM-SⅡ". Environmental Science: Process & Impact, DOI: 10.1039/c4em00339j.

2013
小久保利明, 宮崎彰, 吉田轍志, 山本由徳, 浅木直美, 上野秀人, 居静, 王余龍 (2013) 中国産多収性水稲品種tの九州窒素利用効率に及ぼす緩行性肥料の施用効果. 日本作物学会紀事, 82, 337-344.

上野秀人 (2014) 緑肥作物の利用活用法. 農業と園芸, 7月号, 12-19.

Hossain ST, Sugimoto H, Asagi N, Araki T, Ueno H, Morokuma M, Kato H. (2013) The use of desalinated-dried jellyfish and rice bran for controlling weeds and rice yield. J. Organic Systems, 8, 28-37.

Sugihara, Y., Ueno, H., Hirata, T., Araki, H. (2013) Uptake and distribution of nitrogen derived from hairy vetch used as a cover crop by tomato plant. J. Japan. Soc. Hort. Sci., 82, 30-38.

Toma Y., Clifton-Brown J., Sugiyama S., Nakaboh M., Hatano R., Fernández F.G., Stewart J.R., Nishiwaki A., Yamada T. (2013) Soil carbon stocks and carbon sequestration rates in seminatural grassland in Aso region, Kumamoto, southern Japan. Global Change Biology, 19, 1676-1687.

Howlett D. S., Toma Y, Wang H., Sugiyama S., Yamada T., Nishiwaki A., Fernandez F., Stewart J.R. (2013) Soil carbon source and accumulation over 12,000 years in a semi-natural Miscanthus sinensis grassland in southern Japan. Catena, 104, 127-135.

2012
Ghoneim, A., Ueno, H., Asagi, N., Watanabe, T. (2012) Indirect 15N isotope techniques for estimating N dynamics and N uptake by rice from poultry manure and sewage sludge. Asian J. Earth Sci. 5, 63-69.

Toma Y., Armstrong K., Stewart J.R., Yamada T, Nishiwaki A, Bollero G, Fernández F.G. (2012) Carbon sequestration in soil in a semi-natural Miscanthus sinensis grassland and Cryptomeria japonica forest plantation in Aso, Kumamoto, Japan. Global Change Biology Bioenergy,4, 566-575, doi: 10.1111/j.1757-1707.2012.01160.x.

Quinn L. D., Stewart J. R., Yamada T, Toma Y., Saito M., Shimoda K., Fernández F.G. (2012) Environmental tolerances of Miscanthus sinensis invasive and native populations. BioEnergy Research, 5, 139-148.

Toma Y., Fernández F.G., Sato S., Izumi M., Hatano R., Yamada T., Nishiwaki A., Bollero G. Stewart J.R. (2012) Carbon budget and methane and nitrous oxide emissions of a Miscanthus sinensis dominated grassland in Tomakomai, Hokkaido, Japan. Global Change Biology Bioenergy, 3, 116-134.

2011
Toma Y., Takakai F., Darung U., Kuramochi K., Limin S.H., Dohong S., Hatano R. (2011) Nitrous oxide emission derived from soil organic matter decomposition from tropical agricultural peat soil in Central Kalimantan, Indonesia. Soil Science and Plant Nutrition, 57, 436-541.

Nishiwaki A., Mizuguti A., Kuwabara S., Toma Y., Ishigaki G., Miyashita T., Yamada T., Matuura H., Yamaguchi S., Rayburn A.L., Akashi R., Stewart J.R. (2011) Discovery of natural Miscanthus triploid plants in sympatric populations of Miscanthus sacchariflorus and Miscanthus sinensis in southern Japan. American Journal of Botany, 98, 154-159.

Anzoua K.G, Kajihara Y., Toma Y., Iizuka N., Yamada T. (2011) Potentiality of Four Cool Season Grasses and Miscanthus sinensis for Feedstock in the Cool Regions of Japan. Journal of the Japan Institute of Energy, 90, 59-65.

2010
Toma Y., Fernández F.G., Sato S., Izumi M., Hatano R., Yamada T., Nishiwaki A., Bollero G. Stewart J.R. (2011) Carbon budget and methane and nitrous oxide emissions of a Miscanthus sinensis dominated grassland in Tomakomai, Hokkaido, Japan. Global Change Biology Bioenergy, 3, 116-134.

Toma Y., Fernández F.G., Nishiwaki A., Yamada T., Bollero G. Stewart J.R. (2010) Aboveground plant biomass, carbon, and nitrogen dynamics before and after burning in a seminatural grassland of Miscanthus sinensis in Kumamoto, Japan. Global Change Biology Bioenergy, 2, 52-62.

Kimura S.D., Toma Y., Mu Z., Yamada H., Hatano R. (2010) Eco-balance analysis of land use combinations to minimize environmental impacts and maximize farm income in northern Japan. Sustainability Science, 5, 19-27.

2009
浅木直美, 上野秀人 (2009) 西南暖地におけるシロクローバーのすき込みおよびリビングマルチ処理が水稲の生育,収量および土壌アンモニア態窒素濃度に与える影響, 農作業研究, 44, 127-136.

Asagi N., Ueno H. (2009) Nitrogen dynamics in paddy soil applied with various 15N-labelled green manures., Plant and Soil, 322, 251-262.

Harada K., Huan H.V., Ueno H. (2009) Classification of maize landraces from Shikoku and Kyushu, Japan, based on phenotypic characteristics., Japan Agricultural Research Quarterly, 43(3), 213-220.

浅木直美, 上野秀人 (2009) マメ科緑肥リビングマルチ条件下の水稲栽培における湛水開始時期の違いが水稲の生育, 収量に与える影響, 日本作物学会紀事, 78, 27-34.

守田律子, 上野秀人, 岡部昭典 (2009) 大豆における品種比較, 岡山短期大学紀要, 44, 55-61.

阿立真崇, 山下陽一, 石掛桂士, 森美由貴, 道岡昌美, 上野秀人, 山下淳, 杉本秀樹 (2009) 布マルチ水稲直播栽培の生育収量特性およびマルチ分解過程, 日本作物学会四国支部会報, 46 13-22.

道岡昌美, 上野秀人, 福田直大, 菅家文教, 大森誉紀 (2009) 綿マルチシート敷設による温州ミカンの果実品質向上および雑草抑制, 日本作物学会四国支部会報, 46, 23-28.

Stewart J.R., Toma Y., Fernández F.G., Nishiwaki A., Yamada T., Bollero G. (2009) The ecology and agronomy of Miscanthus sinensis, a species important to bioenergy crop development, in its native range in Japan: a review. Global Change Biology Bioenergy, 1, 126-153.
2008
Ebid A., Ueno H., Ghoneim A. (2008) Uptake of carbon and nitrogen derived from carbon-13 and nitrogen-15 dual-labeled maize residue compost applied to radish, komatsuna, and chingensai for three consecutive cropping., Plant and Soil, 304, 241-248.

Ebid A., Ueno H., Ghoneim A., Asagi N. (2008) Recovery of 15N derived from rice residues and inorganic fertilizers incorporated in soil cultivated with Japanese and Egyptian rice cultivars., Journal of Applied Sciences, 8, 3261-3266.

Asagi N., Ueno H., Sekiya H., Ogiwara H. (2008) Establishment of rice seedlings by direct sowing of multiple seed pellets on paddy soil covered with legume living mulch., Plant Production Science, 11, 361-365.

Ebid A., Ueno H., Asagi N. (2008) Nitrogen uptake by radish, spinach, and chingensai from composted tea leaves, coffee waste, and kitchen garbage., Compost Science & Utilization, 16, 152-158.

Asagi N., Ueno H. (2008) Determination of application effects of sewage sludge on growth, soil properties, and N uptake in Komatsuna by using the indirect 15N isotope method., Communications in Soil Science and Plant Analysis, 39, 1928-1942.

Ghoneim A., Ueno H., Ebid A., Asagi N., Abou El darag I. (2008) Analysis of nitrogen dynamics and fertilizer use efficiency in rice using the nitrogen-15 isotope dilution method following the application of biogas slurry or chemical fertilizer., International Journal of Soil Science, 3, 11-19.

Mu Z., Kimura S.D., Toma Y., Hatano R. (2008) Evaluation of soil carbon budget under different upland cropping systems in central Hokkaido, Japan. Soil Science and Plant Nutrition, 54, 650-661.

Mu Z., Kimura S.D., Toma Y., Hatano R. (2008) Nitrous oxide fluxes from upland soils in central Hokkaido, Japan., Journal of Environmental Science., 20, 1312-1322.

Hashidoko Y., Takakai F., Toma Y., Darung U., Melling L., Tahara S., Hatano R. (2008) Emergence and behaviors of acid-tolerant Janthinobacterium sp. that evolves N2O from deforested tropical peatland, Soil Biology & Biochemistry, 40, 116-125.

2007
Ebid A., Ueno H., Ghoneim A. (2007) Impact of rice residues application on ice growth, yield and some paddy soil properties., International Jaournal of Agricultural Research, 2, 1030-1036.

Ebid A., Ueno H., Ghoneim A., Asagi N. (2007) Uptake of carbon and nitrogen through rice root from 13C and 15N dual-labeled maize residue compost. International Journal of Biological Chemistry, 1, 75-83.

Ebid A., Ueno H., Ghoneim A. (2007) Nitrogen mineralization kinetics and nutrient availability in soil amended with composted tealeaves, coffee waste and kitchen garbage., International Journal of Soil Science, 2, 96-106.

Asagi N., Ueno H. Ebid A. (2007) Effects of sewage sludge application on rice growth, soil properties, and N fate in low fertile paddy soil., International Journal of Soil Science, 2, 171-181.

Ebid A., Ueno H., Ghoneim A., Asagi N. (2007) Organic carbon and nitrogen uptake by roots of rice and vegetables, grown in soils applied with 13C and 15N dual labeled maize residue compost. Proceedings of International Symposium on Organic Matter Dynamics in Agro-Ecosystems,368-369.

Hossain ST, Sugimoto H., Ueno H., Huque SMR. (2007) Adoption of organic rice for sustainable development in Bangladesh., Journal of Organic Systems, 2, 27-37.

Kimura S.D., Mu Z., Toma Y., Hatano R. (2007) Eco-Balance Analysis of Six Agricultural Land Uses in the Ikushunbetsu Watershed. Soil Science and Plant Nutrition, 53, 373-386.

Toma Y., Kimura S.D., Hirose Y., Fujiwara K., Kusa K., Hatano R. (2007) Variation in the emission factor of N2O derived from chemical nitrogen fertilizer and organic matter: A case study of onion fields in Mikasa, Hokkaido, Japan. Soil Science and Plant Nutrition, 53, 692-703.

Toma Y., Hatano R. (2007) Effect of crop residue C:N ratio on N2O emissions from Gray Lowland soil in Mikasa, Hokkaido, Japan. Soil Science and Plant Nutrition, 53, 198-205.

2006
Ghoneim A., Ueno H., Ebid A. (2006) Nutrients dynamics in Komatsuna (Brassica campestris L.) growing soil fertilized with biogas slurry and chemical fertilizer using 15N isotope dilution method., Pakistan Journal of Biological Science, 9, 2426-2431.

2005
Ueno H., Misawa M. (2005) Fate of carbon and nitrogen from organic matter applied in rice paddy soil by 13C and 15N method., Proceedings of Ecological Analysis and Control of Greenhouse Gas Emissions from Agriculture in Asia pp. 18-24.

上野秀人, 鈴木孝康 (2005) 水稲有機栽培における焼酎廃液資材と米ぬかの抑草効果および養分供給特性, 農作業研究, 40, 191-198.

2004
Ueno H., Matsumura N., Nakano H. (2004) Environmental and agricultural assessment on application of old newspaper to sandy upland soil., Proceedings of The Sixth International Conference on EcoBalance, 715-718.

上野秀人 (2004) 水田におけるカバークロップ利用, 農作業研究, 39, 165-170.

Takahashi S., Ueno H., Yamamuro S. (2004) Comparison of nitrogen mineralization from 15N-labeled organic amendments under flooded and upland conditions., Plant and Soil, 259, 307-314.

2003
Yamamuro S., Ueno H., Yamada H., Takahashi Y., Shiga Y., Miyahara S., Shimonihara T., Murase J., Yanai J., Nishida M. (2003) Uptake of carbon and nitrogen through roots of rice and corn plants, grown in soils treated with 13C and 15N dual-labeled cattle manure compost., Soil Science and Plant Nutrition, 48, 787-795.

2001
Ueno H., Yamamuro S. (2001) Fate of nitrogen derived from 15N-labeled plant residues and composts in rice-planted paddy soil., Soil Science and Plant Nutrition, 47, 747-754.

山室成一, 上野秀人, 高橋茂, 森田敏, 松葉捷也 (2001) 水稲の登熟期における炭酸同化能と穂の着粒構造の相違が登熟特性に与える影響, 日本土壌肥料学雑誌, 72, 379-384.

2000
Ueno H., Miyashita K. (2000) Inductive production of chitinolytic enzymes in soil microcosms using chitin, other carbon-sources, and chitinase-producing Streptomyces., Soil Science and Plant Nutrition, 46, 863-871.

1999
Ueno H., Shimura M., Yamauchi M. (1999) Rice direct seeding method with recycled paper-mulching., Plant Production Science, 2, 53-57.

山室成一, 高橋茂, 上野秀人 (1999) 水田および畑土壌における遊離アミノ酸の13C, 15Nトレーサー法による動態解析, 日本土壌肥料学雑誌, 70, 739-746.

1997
Ueno H., Yamamuro S. (1997) Nitrogen dynamics in paper-mulched paddy field fertilized with controlled-release coated urea by 15N-method., Plant nutrition - for sustainable food production and environment, 539-540.

Miyashita K., Fujii T., Watanabe A., Ueno H. (1997) Nucleotide sequence and expression of a gene(chiB) for a chitinase from Streptomyces lividans., Journal of Fermentation and Bioengineering, 83, 26-31.

1996
Ueno H., Yamamuro S. (1996) Nitrogen dynamics in paddy field fertilized with controlled-release coated urea by 15N-tracer., Proceedings of International Symposium on Maximizing Sustainable Rice Yields through Improved Soil and Environmental Management, 857-865.
1993
Hasegawa S., Osozawa S., Ueno H. (1993) Measurement of soil water flux in Andisols at a depth below a root zone about 1 meter., Soil Science and Plant Nutrition, 40, 137-147.

1991
Ueno H., Miyashita K., Sawada Y., Oba Y. (1991) Purification and some properties of extracellular chitinases from Streptomyces sp. S-84., Journal of General and Applied Microbiology, 36, 377-392.

上野秀人, 宮下清貴, 沢田泰男, 大羽裕 (1991) Streptomyces sp. S-84のキチナーゼ生産と糸状菌細胞壁分解, 土と微生物, 38, 17-23.

1990
Ueno H., Miyashita K., Sawada Y., Oba Y. (1991) Assay of chitinase and N-acetylglucosaminidase activity in forest soils by a new method using 4-methylumbelliferyl derivatives as substrates., Zeitschrift fur Pflanzenernahrung und Bodenkunde, 154, 171-175.

Miyashita K., Ueno H., Fujii T., Sawada Y. (1990) Regulation of chitinase production in Steptomyces., Transactions of the 14th International Congress of Soil Science, 3, 34-39.


学術論文(査読無)
報告書等

2012
当真要, 佐藤翔平, 泉弥希, Fabian G. Fernandez, J. Ryan Stewart, 波多野隆介, 西脇亜也, 山田敏彦 (2012) 貧栄養土壌におけるススキ(Miscanthus sinensis)の地上部バイオマス生産に対する施肥効果-北海道苫小牧市における研究事例, 北農, 79, 162-169.
2007
Hatano R., Kuramochi K., Takakai F., Toma Y., Hashidoko Y., Darung U., Dohong S., Limin H. S. (2007) Spatial variation in N2O emission from agricultural fields in tropical peatlands, Central Kalimantan, Indonesia Environmental conservation and land use management of wetland ecosystem in southeast Asia. Annual Report for April 2006 - March 2007, Core university program between Hokkaido University, Japan and Research Center for Biology, LIPI, Indonesia, p59-61

2006
Hatano R., Kuramochi K., Takakai F., Toma Y., Darung U., Limin H. S., Dohong S. (2006) Annual report of soil research group. Environmental conservation and land use management of wetland ecosystem in southeast Asia. Annual Report for April 2005 - March 2006, Core university program between Hokkaido University, Japan and Research Center for Biology, LIPI, Indonesia, p59-61.

2000
上野秀人 (2000) 稲作の施肥改善と環境保全型農業, 愛媛大学農学部農場報告, 20, 21-29.


著書
2012
上野秀人 他 有機栽培の手引(果樹編), 有機農業標準栽培技術指導書, (財)日本土壌協会編

2011
上野秀人 他 (2012) 有機栽培の手引(葉菜類等編), 有機農業標準栽培技術指導書, (財)日本土壌協会編

1999
上野秀人 (1999) 紙マルチ, 除草剤を使わないイネつくり, 農文協, 126-132.
上野秀人 (1999) 微生物資材, 除草剤を使わないイネつくり, 農文協, 126-132.

1997
逸見彰男, 上野秀人 (1997) 愛媛県の農耕地土壌, 土壌を愛し,土壌を守る, 日本ペドロジー学会, 257-259.

1997
逸見彰男, 上野秀人 (1997) 愛媛県の農耕地土壌, 土壌を愛し,土壌を守る, 日本ペドロジー学会, 257-259.

上野秀人 (1997) 直播栽培の体系:紙マルチ栽培, 農業技術体系作物編, 追録第19号技402, 16-21.

1995
上野秀人 (1995) 環境に優しい被覆肥料, ハイテク農業情報2, 154-155.


特許
2011 Ueno H., Oomori T., Fukuda N., Kanke F. (2010) A method for producing a mulching sheet for agriculture. US Patent, 1459/3.
2010
上野秀人, 大森誉紀, 福田直大, 菅家文教, 菊池公孝 (2008) 農業用マルチシートの製造方法, 日本国,特願2008-050218.

博士論文
2014
2007

修士論文
2013
西原紫織 (2014) 低肥沃度水田におけるBacillus pumilus接種が水稲生育、土壌特性に与える影響および接種金生態
 2012
宮﨑崇史 (2012) マメ科緑肥施用土壌におけるトマトとトウモロコシの生育終了及び養分動態

2004
三澤優 (2004) 13Cおよび15Nトレーサー法による水田土壌中の炭素・窒素動態の解明-水稲による経根的有機態窒素吸収と土壌微生物態oma巣の役割-

2001
鈴木孝康 (2001) 不耕起水田土壌における緑肥由来養分の動態と有機酸生成


卒業論文
2015
2014
岩本玲奈(2014)レンコンの浅床・有機栽培における生育,収量および土壌肥沃度に関する研究

大森信吾(2014)耕起回数と肥料の違いが水田からの温室効果ガス発生および水稲の生育、収量に及ぼす影響

田中量(2014)クリンカー施用が水稲の生育,収量および土壌特性に与える影響

三宅由美奈(2014)竹炭および牛糞堆肥等の有機物施用が水稲生育と収量に与える影響

森田展樹(2014)バイオエタノール蒸留廃液の施用法の違いがトウモロコシの生育・収量と土壌の化学特性に与える効果およびシトラスモラセス施用による雑
           草抑制効果

横山泰士(2014)クリンカーの施用がコマツナとハツカダイコンの生育・土壌特性に及ぼす影響

2013
稲吉佳緒里(2013)レンコンの浅床・有機栽培における生育,収量および土壌肥沃度に関する研究


井上恭佑 (2013) バイオエタノール蒸留廃液の施用が温州ミカンの生育・収量・品質および温室効果ガス発生に与える影響

辻静華(2013)長期自然農法管理圃場の土壌特性と土壌改良資材の添加効果

樋口武(2013)バイオエタノール蒸留廃液のトウモロコシ栽培に対する肥料効果

山内絵利菜(2013)窒素固定菌を接種した水稲の生育、収量、品質および土壌特性

2012
石岡健太 (2012) 中晩柑類水腐れ症発生に対する栽培環境及び植物体からの要因解析

大久保明香 (2012) バイオエタノール蒸留廃液の施用がトウモロコシの生育・収量および養分吸収に与える効果

圡井涼佳 (2012) バイオエタノール蒸留廃液の施用が水稲の生育・収量および養分吸収に与える効果

西原紫織 (2012) 自然農法水田における土壌の生物性・化学性と水稲収量・品質特性の関係

2011
辰巳悠 (2011) バイオエタノール蒸留廃液を施用したトマト等の野菜の生育および養分吸収

細川めぐみ (2011) 綿マルチが水稲生育および水稲栽培土壌の窒素動態にお及ぼす影響

西村裕貴 (2011) 有機水稲栽培における海水処理が登熟特性に与える効果

2010
2009

学会発表(国際)
2014


2013
Ueno, H., Miyazaki, T., Araki, H.: Application Effects of Legumes on Growth, Yield of Vegetables and Nitrogen Dynamics by Using 15N Tracer. Oct, Miyazaki, Japan, 18th International Congress on Nitrogen Fixation. (2013)

Asagi, N., Miya, T., Shiotsu, F., Kokubo, T., Nitta, Y., Ueno, H: Distribution of 13C-labelled rhizodeposition of sweet sorghum into soil microbial biomass under treatments applied with organic matter. Nov., Tampa, FL, USA, International Annual Meeting of Soil Science Society of America. (2013)

2012
Ueno H., Miyazaki T., Araki H. (2012) Application effects of legumes on growth, yield of vegetables and nitrogen dynamics by using 15N tracer. International Annual Meeting of Soil Science Society of America, Cincinnati, OH, USA, Oct.

Anan T., Shimma S., Toma Y., Hashidoko Y., Hatano R., Ishihara M., Aoki J., Toyoda M. (2012) On-site analysis of gases emitted from soils using MULTUM-SII, 19th International Mass Spectrometry Conference, Sep.15-21, Kyoto, Japan (Poster presentation)

2011
Li X., Toma Y., Kajihara N., Kimura S.D., Hatano R. (2011) Evaluating soil C budget and GWP variation at a regional scale in Ikushunbetsu river watershed. Agricultural Biodiversity Conference, Oct 9-Oct16, Iowa, USA. (Poster presentation).

2010
Ueno, H. (2010) Improvement of plant production and soil quality by recycling biological wastes in local area for sustainable agriculture. GEN Seminar, August, Bali, Indonesia.

Ueno H., Mori M., Michioka M., Adachi M., Yamashita Y., Ishikake K., Yamashita J., Sugimoto H (2010) Application effects of cotton mulch seeding method on nutrients dynamics in rice paddy field. ASA-CSSA-SSSA Annual Meetings, Long Beach, CA, USA, 31 October-4 November 2010.

Toma Y., Fernández F.G., Armstrong K., Yamada T., Nishiwaki A., Bollero G., Stewart J.R. (2010) Long-Term Carbon Sequestration in Miscanthus Sinensis Grassland and Japanese Cedar (Cryptomeria japonica) Plantation in Aso, Japan. ASA-CSSA-SSSA Annual Meetings, Long Beach, CA, USA, 31 October-4 November 2010. (Oral presentation)

2009
Toma Y., Fernández F.G., Stewart J.R., Hatano R., Bollero G., Sato S., Izumi M., Yamada T., (2009) Evaluation of carbon budget in a natural Miscanthus sinensis grassland in Central Hokkaido, Japan. ASA-CSSA-SSSA Annual Meetings, Pittsburgh, USA, 1-5, November 2009. (Poster presentation)

2008
Ueno H., Miyoshi Y., Yamashita Y., Kanke F., Oomori T., Fukuda N. (2008) Effects of mulching with non-woven fabric sheets made from cotton wastes on cabbage growth. Proceedings of the International Conference of Sustainable Agriculture for Food, Energy and Industry 2008, 97-101.

Toma Y., Takakai F., Darung U., Kuramochi K., Hatano R. (2008) Nitrous oxide emissions induced by fertilizer and soil organic matter from tropical peat soil in Central Kalimantan, Indonesia. International Symposium Sentinel Earth, Detection of Environmental Change, Hokkaido, Japan, 5-7, July, 2008. (Poster presentation)

2007
Ueno H., Gomi Y., Asagi N., Tsurumi T. (2007) Effects of charcoal application on radish growth and N uptake estimated by 15N method., Soil Science Society of America, annual meeting, New Orleans, Louisiana, USA, Abstracts, 194-16.

Araki H., Hirata T., Asagi N., Ueno H. (2007) Evaluation of nitrogen uptake in processing tomato grown with hairy vetch mulch labeled with 15N., Annual conference of American Society for Horticulture Science, Arizona, USA, July.

Toma Y., Kimura S. D., Fujiwara K., Hirose Y., Kusa K., Hatano R. (2007) Temporal variation in CO2 and N2O emissions from an agricultural bare field in Mikasa, Hokkaido, Japan. 8th conference of East and Southeast Asian Federatin of Soil Science, P7-11, Tsukuba, Japan, October 2007 (Poster presentation)

Takakai F., Toma Y., Morishita T., Darung U., Dohong S., Limin S. H., Hatano R. (2007) Contribution of organic matter decomposition and root respiration to CO2 emissions from cultivated tropical peatland in Contral Kalimantan, Indonesia., 8th conference of East and Southeast Asian Federatin of Soil Science, P7-12, Tsukuba, Japan, October 2007 (Poster presentation)

Toma Y., Kimura S. D., Fujiwara K., Hirose Y., Kusa K, Hatano R. (2007) Variation in the emission factor of N2O induced by chemical nitrogen fertilizer and organic matter: A case study of onion fields in Mikasa, Hokkaido, Japan. Nitrogen 4th conference, Section CT6, Costa do Sauipe, Bahia, Brazil, October 2007 (Oral presentation)

Kimura S.D., Mu Z., Toma Y., Hatano R. (2007) Green house gas emission in a regional scale - land use change analysis in Ikushunbetsu river watershed - 2nd International Workshop on Ecological Informatics of Chaos and Complex Systems- Spectral Imaging for Ecosystem Modeling- Tokyo, Tokyo University of Agriculture and Technology, Tokyo, Japan, September 18-19, 2007 (Oral presentation)

2006
Asagi N., Ueno H., Ando T (2006) Nitrogen dynamics in paddy soil applied with sewage sludge by 15N-dilution method. World Congress on Soil Science, July, Philadelphia, PA, USA, Abstracts, 558.

Asagi N, Ueno H. (2006) ......................................................, November, Indianapolis, IN, USA.

Toma Y., Hashidoko Y., Takakai F., Darung U., Tahara S., Hatano R. (2006) Additional Greenhouse Effect Caused By Destruction Of Peat Swamp Forest Ecosystems. LIPI-JSPS Core University Program International Symposium on Nature and Land Management of Tropical Peat Land in South East Asia, O-48, Bogor, Indonesia, September 2006 (Oral presentation)

Takakai F., Toma Y., Mmorishita T., Darung U., Dohong S., Limin S. H., Hatano R. (2006) N2O emissions from Tropical Peatland in Central Kalimantan, Indonesia, LIPI-JSPS Core University Program International Symposium on Nature and Land Management of Tropical Peat Land in South East Asia, O-53, Bogor, Indonesia, September 2006 (Oral presentation)

Toma Y., Hirose Y., Hatano R. (2006) Variation of Emission Factor of N2O Derived from Chemical N Fertilizer and Organic Matter –An Case Study of Onion Fields in Mikasa, Hokkaido, Japan., International Workshop on Monsoon Asia Agricultural Greenhouse Gas Emissions, Poster-9, Tsukuba, Japan, March 2006 (Poster presentation)

Kimura S.D, Mu Z., Toma Y., Hatano R. (2006) An Eco-Balance Analysis of Global Warming Potential, Farmland Surplus Nitrogen and Yield of Six Agricultural Land Uses in the Ikushunbetsu Watershed, International Workshop on Monsoon Asia Agricultural Greenhouse Gas Emissions, Session 5-1, Tsukuba, Japan, March 2006 (Oral presentation)

Takakai F., Toma Y., Darung U., Dohong S., Limin S. H., Hatano R. (2006) Greenhouse Gas (CO2, CH4, and N2O) Emissions from Agricultural Lands on Tropical Peatland in Central Kalimantan, Indonesia, International Workshop on Monsoon Asia Agricultural Greenhouse Gas Emissions, Poster-8, Tsukuba, Japan, March 2006 (Poster presentation)

Mu Z., Toma Y., Kimura S. D., Hatano R (2006) Soil Respiration from Agricultural Upland Soils in Relation to Soil Climate and Characteristics., International Workshop on Monsoon Asia Agricultural Greenhouse Gas Emissions, Poster-3, Tsukuba, Japan, March 2006 (Poster presentation)

2005
Ueno H., Misawa M. (2005) Fate of carbon and nitrogen from organic matter applied in rice paddy soil by 13C and 15N method. Sep., Ibaraki, Japan. Procedings in Ecological Analysis and Control of Greenhouse Gas Emissions from Agriculture in Asia pp. 18-24.

Ueno H., Asagi N., Ando T. (2005) Nitrogen dynamics in a vegetable growing soil applied with sewage sludge by 15N-dilution method. Nov., Salt Lake City, UT, USA. Abstracts of the Ann. Meeting Soil Sci. Soc. America.

Ueno H., Matsuzawa H. (2005) Nitrogen dynamics in soils applied with some organic fertilizers and N uptake of lettuce by 15N method. Aug., St. Catharines, ON, Canada, International Conference on Sustainable Agriculture.

2004
Ueno H, Matsumura N., Nakano H. (2004) Environmental and agricultural assessment on application of old newspaper to sandy upland soil. Tsukuba, October, Proceedings of The Sixth International Conference on EcoBalance, 715-718.

Ueno H, Okuno Y. (2004) Effect of application method for plant residue on fate of the residue nitrogen in some vegetable cultivating soils. Seattle, WA, USA, November, Soil Science Society of America, Annual Meeting Abstract, 3722.

Ueno H., Suzuki T. (2004) Utilization of organic matter wastes for weeding in a sustainable paddy rice cultivation. Tsukuba, November, World Rice Research Conference, Abstract, 291.

Misawa M., Ueno H. (2004) Relationship between soil nutrients, growth and yield of some rice cultivars grown in a low fertile, no-tillage paddy field with legume mulch. Tsukuba, November, World Rice Research Conference. Abstract, 300.

2003
Ueno H., Shimada E. (2003) Uptake of N and P by brassica and chrysanthemum from soil amended with compost and VAM., Annual Meetings Abstracts, Soil Science Society of America, Denver, CO, USA, November.

2002
Ueno H., Honjo Y. (2002) Relationship between microbial biomass and nutrient uptake by rice grown in paddy soil with legume., Annual Meeting of Soil Science Society of America, Indianapolis, USA, November, Abstract, 12, 256.

2000
Ueno H., Suzuki T., Mineta T., Kobayashi S., Ishikawa K., Hidaka K. (2000) Nutrient dynamics in no-tillage rice paddy fields with cover crop legumes., Annual Meetings Abstract ASA-CSSA-SSSA, 92, 269, Salt Lake City, UT, USA(2000)


学会発表(国内)
2015
 2014
赤松航・大森信吾・丸山明日香・上野秀人・永田修・当真要:緑肥施用と中干し期間が水稲の生育・収量および水田のメタン発生に与える影響,日本作物学会四国支部会, 香川, 11月,日作四国支報51:42-43.(2014)

山本智恵・岩本玲奈・上野秀人・長崎信行・当真要:レンコンの浅床栽培における減肥および被覆肥料施用が生育収量に与える影響, 日本作物学会四国支部会, 香川, 11月,日作四国支報51:44-45.(2014)

石掛桂士・岩本玲奈・上野秀人・当真要・山下陽一・阿立真崇・岡寛:クリンカー添加培土で育苗した水稲苗の生育及び収量特性,日本作物学会四国支部会, 香川, 11月,日作四国支報51:62-63.(2014)
青山航大・上野秀人・当真要・横山泰士・岡寛:クリンカアッシュを副資材として添加した堆肥の施用がコマツナ、ハツカダイコンの生育に与える影響,日本作物学会四国支部会, 香川, 11月,日作四国支報51:64-65.(2014)

Hakiki D. N., Ueno H., Toma T.: Application effects of chicken manure or chemical fertilizers on postharvest quality of radish (Raphanus sativus) and green pak choi (Crassica rapa var. chinensis), 日本作物学会四国支部会, 香川, 11月,日作四国支報51:66-67.(2014)

岩本玲奈・上野秀人・田中遼・西山周:高温障害回避のための遅植えが有機栽培水稲の生育,収量および玄米品質に与える影響, 日本作物学会四国支部会, 香川, 11月,日作四国支報51:60-61.(2014)

越智由紀恵・長岡優奈・垣原千代文・杉本秀樹・諸隈正裕・荒木卓也・上野秀人・岡三徳:水稲に対する肥料効果はクラゲ部位(傘,口腕)によって異なるか, 日本作物学会四国支部会, 香川, 11月,日作四国支報51:68-69.(2014)

垣原千代文・長岡優奈・越智由紀恵・杉本秀樹・諸隈正裕・荒木卓也・上野秀人・岡三徳:ナタネ油かす・米ぬか混合施用が雑草抑制および水稲の生育・収量に及ぼす影響, 日本作物学会四国支部会, 香川, 11月,日作四国支報51:70-71.(2014)

山内孝志・樋口武・河野貴幸・大久保直樹・上野秀人・当真要:柑橘由来のバイオエタノール蒸留廃液の施用が温州ミカンの収量・品質に与える影響,日本園芸学会秋季大会,佐賀市,9月,園芸学研究(講演要旨集)13(2):328.(2014)

岩本玲奈・稲吉佳緒里・上野秀人・長崎信行・当真要:浅床栽培法におけるレンコンの生育・収量,日本園芸学会秋季大会,佐賀市,9月,園芸学研究(講演要旨集)13(2):485.(2014)

当真要・Stewart J.R.・Fernandez F.G.・西脇亜也・山田敏彦:阿蘇のススキ半自然草地が地球温暖化に与える影響,日本土壌肥料学会,東京,9月,講演要旨集60:170.(2014)

樋口武,当真要,上野秀人,加藤也寸彦,泉屋亨,上野秀人 (2014) バイオエタノール蒸留廃液を施用したウンシュウミカン栽培圃場からのN2O発生および無機態窒素の溶脱,日本土壌肥料学会,東京,9月,講演要旨集60:13.(2014)

大森信吾,上野秀人,永田修,当真要 (2014) 竹炭の施用が水田土壌から放出されるメタン、亜酸化窒素に与える影響,日本土壌肥料学会,東京,9月,講演要旨集60:173.(2014)

 2013
稲吉佳緒里・当真 要・長崎信行・上野秀人:レンコンの浅床栽培における窒素動態-有機質肥料施用で窒素固定が増加する-,日本土壌肥料学会,名古屋市,9月,講演要旨集59:15.(2013)

当真 要・塩野宏之・小南靖弘・大野智史・丸山明日香・上野秀人・永田 修:耕起法が水田からのメタン発生に与える影響を地力窒素発現量から説明する,日本土壌肥料学会,名古屋市,9月,講演要旨集59:17.(2013)

西原紫織・山内絵利奈・当真 要・横山 正・上野秀人:窒素固定菌を接種した水田における水稲の生育・収量および窒素固定能,日本土壌肥料学会,名古屋市,9月,講演要旨集59:107.(2013)

樋口 武・大久保明香・当真 要・上野秀人:トウモロコシ栽培におけるバイオエタノール蒸留廃液施用が土壌肥沃土へ与える影響,日本土壌肥料学会,名古屋市,9月,講演要旨集59:117.(2013)

阿南貴大・新間秀一・当真 要・波多野隆介・橋床泰之・青木 順・石原盛男・豊田岐聡:MULTUM-S IIを用いた土壌から発生するガスのオンサイトモニタリング,質量分析総合討論会,つくば市,9月.(2013)

西原紫織・山内絵利奈・上野秀人・当真 要・横山 正:窒素固定菌Bacillus pumilusを接種した水稲の生育および収量,日本作物学会四国支部会,香川,11月,日作四国支報50:60-61.(2013)

大森信吾・丸山明日香・当真 要・上野秀人・永田 修:耕起回数と肥料の種類が水稲の生育・収量および水田のメタン発生に与える影響,日本作物学会四国支部会,香川,11月,日作四国支報50:62-63.(2013)

三宅由美菜・上野秀人・当真 要・石岡 基:竹炭および牛糞堆肥等の有機物施用が水稲生育と収量に与える影響,日本作物学会四国支部会,香川,11月,日作四国支報50:64-65.(2013)

田中 遼・上野秀人・当真 要・岡 寬:クリンカー施用が水稲の生育,収量および土壌特性に与える影響,日本作物学会四国支部会,香川,11月,日作四国支報50:66-67.(2013)

横山泰士・上野秀人・当真 要・岡 寬:クリンカーの施用がコマツナとハツカダイコンの生育・土壌特性に与える影響,日本作物学会四国支部会,香川,11月,日作四国支報50:68-69.(2013)

森田展樹・樋口 武・当真 要・上野秀人・加藤也寸彦・泉屋 亨:バイオエタノール蒸留廃液肥料の施肥量・回数の違いがトウモロコシの生育・収量および土壌の化学的特性に与える効果,日本作物学会四国支部会,香川,11月,日作四国支報50:70-71.(2013)

岩本玲奈・稲吉佳緖里・当真 要・長崎信行・上野秀人:浅床・有機栽培がレンコンの生育と収量および土壌特性に与える影響,日本作物学会四国支部会,香川,11月,日作四国支報50:72-73.(2013)



2012
稲吉佳緒里, 当真要, 長崎信行, 上野秀人 (2012) レンコンの浅床・有機栽培における生育と収量, 日本作物学会四国支部会, 香川, 2012年11月(口頭発表)

越智由紀恵, Yan Haofang, 杉本秀樹, 荒木卓哉, 上野秀人, 諸隈正裕 (2012) クラゲと米ぬかの併用が水稲の初期生育と根の機能に及ぼす影響, 日本作物学会四国支部会, 香川, 2012年11月(口頭発表)

樋口武, 大久保明香, 当真要, 上野秀人, 加藤也寸彦, 泉屋亨 (2012) バイオエタノール蒸留廃液のトウモロコシ栽培に対する肥料効果, 日本作物学会四国支部会, 香川, 2012年11月(口頭発表)

宮﨑崇史, 上野秀人, 当真要, 荒木肇 (2012) マメ科緑肥カバークロップがトウモロコシ生育収量・養分動態に与える効果, 日本作物学会四国支部会, 香川, 2012年11月(口頭発表)

山内絵利奈, 西原紫織, 上野秀人, 当真要, 横山正 (2012) 窒素固定菌を接種した水稲の生育、収量および品質の評価, 日本作物学会四国支部会, 香川, 2012年11月(口頭発表)

丸山明日香, 当真要, 上野秀人, 永田修 (2012) 耕起回数が水稲の生育・収量および水田のメタン発生に与える影響, 日本作物学会四国支部会, 香川, 2012年11月(口頭発表)

当真要, 丸山明日香, 上野秀人 (2012) 柑橘の発酵脱汁カスの水田への施用は水稲栽培に有効か?, 日本作物学会四国支部会, 香川, 2012年11月(口頭発表)

宮崎崇史, 上野秀人, 荒木肇 (2012) マメ科緑肥施用したハウストマトの生育収量および養分動態, 日本土壌肥料学会鳥取大会, 2012年9月(口頭発表)

西原紫織, 上野秀人, 当真要, 津曲徹 (2012) 自然農法水田における土壌の生物的・化学的特性と水稲収量・品質特性の関係, 日本土壌肥料学会鳥取大会, 2012年9月(ポスター発表)

当真要, Fernandez F.G., Stewart J.R., 波多野隆介, 西脇亜也, 山田敏彦 (2012) 北海道苫小牧のススキ自然草地におけるN2OおよびCH4発生, 日本土壌肥料学会鳥取大会, 2012年9月(口頭発表)

宮達也, 浅木直美, 新田洋司, 小松崎将一, 上野秀人 (2012) C/N比の高い有機物の施用が化学肥料由来Nの動態と作物の生育に及ぼす影響, 日本土壌肥料学会鳥取大会, 2012年9月(l口頭発表)

戸井和彦, 上野秀人 (2012) 小学校におけるコンパニオンプランツ導入の試み, 日本農業教育学会, 刈谷市, 2012年9月(口頭発表)

上野秀人, 宮﨑崇史, 辰巳悠, 柴田朋美, 荒木肇 (2012) ヘアリーベッチおよびシロクローバーを表面施用したトマト栽培における生育収量および養分動態, 日本農作業学会24年度秋季大会, 茨城, つくば, 2012年3月24-25日 (口頭発表)

浅木直美, 宮達也, 本間貴司, 新田洋司, 塩津文隆, 小松﨑将一 (2012) C/N比の高い作物残渣施用土壌における化学肥料由来窒素の動態と作物生育, 日本農作業学会24年度秋季大会, 茨城, つくば, 2012年3月24-25日 (口頭発表)

八木岡敦, 小松崎将一, 金子信博, 上野秀人 (2012) 不耕起・草生栽培による有機野菜栽培の体系化, 日本農作業学会24年度秋季大会, 茨城, つくば, 2012年3月24-25日 (口頭発表)

上野秀人, 柴田朋美, 当真要, 横山正 (2012) 窒素固定菌接種が有機栽培水稲の生育・収量および土壌特性に与える効果, 茨城大学「自然共生型農業への転換・移行に関する研究」公開シンポジウム, 茨城, 2月.

Yagioka A, Wako R, Komatsuzaki M, Asagi N, Kaneko N, Ueno H* Nutrient cycle on Nature Farming (2012) 日本生態学会, 滋賀県, 3月, 講演要旨集59:P2-383J.


杉本秀樹, 久保真実, 荒木卓哉, 上野秀人, S. T. ホセイン, 諸隈正裕, 加藤尚 (2012) 天然資源(クラゲ,米ぬか)活用の安全・安心米作り, 日本作物学会, 東京, 3月, 講演要旨集81(別1):16-17.

2011
当真要, Fernandez FG., Stewart JR., 西脇亜也, 山田敏彦 (2011) 熊本県阿蘇ススキ半自然草地における炭素動態, 土壌肥料学会関西支部会, 大阪, 豊中, 2011年12月8-9日 (口頭発表)

宮崎崇史, 上野秀人, 当真要, 荒木肇 (2011) マメ科緑肥リビングマルチ栽培におけるトウモロコシ生育およびリン動態, 土壌肥料学会関西支部会, 大阪, 豊中, 2011年12月8-9日 (ポスター発表)

柴田朋美, 上野秀人, 当真要, 横山正 (2011) 窒素固定菌接種水田における化学的・生物学的土壌特性と水稲生育, 土壌肥料学会関西支部会, 大阪, 豊中, 2011年12月8-9日 (ポスター発表)

石掛桂士, 山下陽一, 阿立真崇, 上野秀人, 山下淳, 杉本秀樹 (2011) 無代かき水稲綿マルチ栽培における収量、品質および環境保全機能, 日本作物学会四国支部会, 高知, 2011年11月24-25日 (口頭発表)

当真要, 佐藤翔平, Fernandez FG., Stewart JR., 山田敏彦 (2011) 貧栄養土壌におけるススキの地上部バイオマス生産に対する施肥効果, 日本作物学会四国支部会, 高知, 南国市, 2011年11月24-25日 (口頭発表)

柴田朋美, 上野秀人, 横山正 (2011) 窒素固定菌を摂取した水田における水稲生育と収量および土壌特性, 日本作物学会四国支部会, 高知, 南国市, 2011年11月24-25日 (口頭発表)

宮崎崇史, 上野秀人, 辰巳悠, 柴田朋美, 荒木肇 (2011) マメ科緑肥を施用したハウストマトの生育収量及び養分動態, 日本作物学会四国支部会, 高知, 南国市, 2011年11月24-25日 (口頭発表)

西原紫織, 上野秀人, 当真要, 津曲徹 (2011) 自然農法水田土壌の生物的・化学的特性および水稲収量特性, 日本作物学会四国支部会, 高知, 南国市, 2011年11月24-25日 (口頭発表)

大久保明香, 当真要, 上野秀人, 加藤也寸彦, 泉屋享 (2011) バイオエタノール蒸留廃液を施用したトウモロコシの生育、収量および養分吸収, 日本作物学会四国支部会, 高知, 南国市, 2011年11月24-25日 (口頭発表)

土井涼佳, 大久保明香, 当真要, 上野秀人, 加藤也寸彦, 泉屋享 (2011) バイオエタノール蒸留廃液が水稲の生育・収量・養分吸収に及ぼす影響, 日本作物学会四国支部会, 高知, 南国市, 2011年11月24-25日 (口頭発表)

石岡健太, 細川めぐみ, 当真要, 上野秀人 (2011) 栽培環境及び植物体分析による柑橘水腐れ症発生要因の探索, 日本作物学会四国支部会, 高知, 南国市, 2011年11月24-25日 (口頭発表)

山下淳, 杉本秀樹, 上野秀人, 山下陽一, 阿立真崇, 石掛桂士 (2011) 水稲布マルチ直播栽培のための機械システムの開発(2), 日本作物学会四国支部会, 高知, 南国市, 2011年11月24-25日 (口頭発表)

梶原直也, Zhijian M., 当真要, 木村園子ドロテア, 山田浩之, 泉弥希, 波多野隆介 (2011) 三笠市幾春別川流域農耕地におけるBackground N2O放出に影響を与える要因の解析, 日本土壌肥料学会北海道支部会, 北海道, 2011年12月(口頭発表)

Li X., Toma Y. Kajihara N., Kimura S.D., Hatano Ryusuke (2011) Valuating spatial and temporal variation in global warming potential (GWP) at a regional scale in Ikushunbetsu river watershed, Hokkaido Japan. 日本土壌肥料学会北海道支部会, 北海道, 2011年12月(口頭発表)

当真要, 杉山真二, 中坊真, 波多野隆介, Fernández F.G., Stewart J. R., 西脇亜也, 山田敏彦 (2011) 阿蘇ススキ自然草地における炭素蓄積速度の定量的評価, 日本土壌肥料学会つくば大会, 2011年8月(ポスター発表)

宮崎崇史, 上野秀人 (2011) マメ科緑肥施用土壌におけるコマツナとハツカダイコンの生育収量および窒素動態, 日本土壌肥料学会つくば大会, 2011年8月(ポスター発表)

高野義巳, 上野秀人, 長崎信行, 菅家文教, 福田直大, 森本聡 (2011) 竹粉堆肥施用と綿マルチがホウレンソウとキャベツの収量及び品質に与える影響, 日本土壌肥料学会つくば大会, 2011年8月(ポスター発表)

柴田朋美, 上野秀人, 石綿薫, 千嶋英明, 降幡郁子, 岩石真嗣 (2011) 栽培管理の異なるキャベツ栽培土壌における微生物叢の基質資化性および生物活性測定, 日本土壌肥料学会つくば大会, 2011年8月(ポスター発表)

梶原直也, Zhijian M., 当真要, 木村園子ドロテア, 山田浩之, 泉弥希, 波多野隆介 (2011) 三笠市幾春別川流域農耕地における土壌有機物分解の土壌、土地利用、年次による変動要因の解析. 日本土壌肥料学会つくば大会, 2011年8月(ポスター発表)

Li X., Toma Y., Kajihara N., Kimura D.S., Hatano R. (2011) Evaluating soil C budget and GWP variation at a regional scale in Ikusyunbetsu river watershed, Hokkaido Japan. 日本土壌肥料学会つくば大会, 2011年8月(ポスター発表)


石倉究, 山田浩之, 当真要, 高階史章, 森下智陽, Darung Untung, Limin Atrfitedy, Limin Suwido, 波多野隆介 (2011) 地下水位と土壌pHが熱帯泥炭地の土壌呼吸に与える影響. 日本土壌肥料学会つくば大会, 2011年8月(ポスター発表)

上野秀人, 細川めぐみ, 杉本秀樹, 山下淳 (2011) 綿マルチが水稲生育及び 水稲栽培土壌の窒素動態に及ぼす影響. 日本農作業学会, 京都, 7月, 第46巻別号1:1-2.

2010
杵渕萌里, 上野秀人, 浅木直美, 佐野祥平, 清水一大, 菅家文教, 大森誉紀, 福田直大 (2010) 綿マルチが夏播きレタスの生育・収量および栽培環境要因に与える効果, 日本農作業学会, 5月, 東京, 農作業研究 45(別1), 73-74.

阿立真崇, 山下陽一, 石掛桂士, 上野秀人, 山下 淳, 杉本秀樹 (2010) 水稲綿マルチ直播栽培の無代かき水田への応用:生育収量調査およびマルチ分解に伴う養分動態, 愛媛大学第10回工学部等技術部技術職員技術発表会, 9月, 松山.

石掛桂士, 山下陽一, 阿立真崇, 上野秀人 (2010) 竹粉堆肥育苗培土が水稲苗の生育および品質に与える効果, 愛媛大学第10回工学部等技術部技術職員技術発表会, 9月, 松山.

戸井和彦, 上野秀人 (2010) 農業に関心を持つ児童を育成する栽培学習指導法の開発, 日本農業教育学会, 京都, 9月.

上野秀人, 浅木直美, 杵渕萌里, 道岡昌美, 福田直大, 菅家文教, 大森誉紀 (2010) 生分解性綿マルチシートを敷設した畑土壌における養分動態, 日本土壌肥料学会北海道大会, 北海道 2010年9月, 日本土壌肥料学会講要集 56, 124.

阿立真崇, 山下陽一, 石掛桂士, 上野秀人, 山下淳, 杉本秀樹 (2010) 無代かき水稲綿マルチ栽培における生育、収量および品質について, 日本作物学会四国支部会, 11月, 愛媛, 日本作物学会四国支部会報 47, 2-3.

石掛桂士, 山下陽一, 阿立真崇, 上野秀人, 長崎信行 (2010) 竹粉堆肥で育苗した水稲の生育および収量, 日本作物学会四国支部会, 愛媛, 11月, 日本作物学会四国支部会報 47, 4-5.

髙野義巳, 上野秀人, 長崎信行 (2010) 竹粉堆肥と綿マルチがキャベツとホウレンソウの収量及び品質に与える影響, 日本作物学会四国支部会, 愛媛, 11月, 日本作物学会四国支部会報 47, 6-7.

西村裕貴, 上野秀人, 杉本秀樹, 荒木卓也 (2010) 有機水稲栽培における海水処理が登熟特性に与える効果, 日本作物学会四国支部会, 愛媛, 11月, 日本作物学会四国支部会報 47, 14-15.

細川めぐみ, 上野秀人, 杉本秀樹, 山下淳 (2010) 綿マルチが水稲生育および水稲栽培土壌の窒素動態に及ぼす影響, 日本作物学会四国支部会, 愛媛,11月, 日本作物学会四国支部会報 47, 16-17.

宮崎崇史, 上野秀人 (2010) マメ科緑肥施用土壌におけるコマツナとハツカダイコンの生育収量および窒素動態, 日本作物学会四国支部会, 愛媛, 11月, 日本作物学会四国支部会報 47, 18-19.

辰巳悠, 上野秀人, 福田直大, 森本聡 (2010) バイオエタノール蒸留廃液を施用したトマトの生育および養分吸収, 日本作物学会四国支部会, 愛媛, 11月, 日本作物学会四国支部会報 47, 20-21.

南部美沙子, 上野秀人 (2010) 有機栽培土壌の化学的特性と農産物品質に関する事例研究, 日本作物学会四国支部会, 愛媛, 11月, 日本作物学会四国支部会報 47, 22-23.

柴田朋美, 宮崎崇史, 辰巳悠, 上野秀人, 石綿薫, 千嶋英明, 降幡郁子, 岩石真嗣 (2010) BIOLOGプレートを用いた土壌微生物叢評価法の開発:自然農法キャベツおよび温室トマト栽培事例, 日本作物学会四国支部会, 愛媛, 11月, 日本作物学会四国支部会報 47, 24-25.

八木岡敦, 小松崎将一, 浅木直美, 上野秀人 (2010) 自然農法圃場における窒素動態:15Nを用いた窒素の移動と植生による吸収, 第58回日本生態学会札幌大会, 北海道, 3月, 日本生態学会講演要旨, 1-153.

浅木直美, 宮達也, 本間貴司, 新田洋司, 加藤明, 佐藤達雄, 小松崎将一, 上野秀人, 中村聡, 後藤雄佐 (2010) スィートソルガムの生育および土壌中の窒素分配におよぼす搾りかす施用の影響, 日本作物学会講演会, 東京, 3月, 日本作物学会紀事 80(別1), 106-107.


梶原直哉, Zhijian Mu, 当真要, 木村園子ドロテア, 山田浩之, 泉弥希, 波多野隆介 (2010) 北海道三笠市幾春別川流域における土壌有機物分解量に影響を与える要因の解析, 日本土壌肥料学会北海道支部会, 北海道, 2010年12月(口頭発表).

当真要, Fabián G. Fernández, 佐藤翔平, 泉弥希, 波多野隆介, 山田敏彦, J. Ryan Stewart (2010) 北海道苫小牧ススキ草地における炭素収支とCH4、N2O放出, 日本土壌肥料学会北海道大会, 北海道, 2010年9月 (口頭発表).

石倉究, 当真要, 山田浩之, 当真要, 高階史章, 森下智陽, Untung Darung, Swido H. Limin, Sigit Wijonarko, Atfritedy Limin, 波多野隆介 (2010) 熱帯泥炭地の排水がCO2とN2O放出に与える影響, 日本土壌肥料学会北海道大会, 北海道, 2010年9月 (口頭発表).

Anzoua Kossonou Guillaume, 梶原靖久, 当真要, 飯塚菜摘, 山田俊彦 (2010) Tentiality of four cool season grasses and Miscanthus sinensis for feedstock in the cool region. バイオマス科学会議, 東京, 2010年1月 (口頭発表).

2009
木直美, 上野秀人, 杵渕萌里, 菅家文教, 大森誉紀, 福田直大 (2009) 西南暖地における落ち綿マルチの敷設がレタスの生育,収量および窒素動態に与える影響, 日本土壌肥料学会東北支部会,7月.

阿立真崇, 山下陽一, 石掛桂士, 森美由貴, 上野秀人, 山下淳, 杉本秀樹 (2009) 水稲綿マルチ直播栽培における生育特性およびマルチ分解過程, 日本作物学会四国支部会, 11月, 徳島, 日本作物学会四国支部会報 46, 40-41.

道岡昌美, 上野秀人, 福田直大, 菅家文教, 大森誉紀 (2009) 綿マルチ敷設が温州ミカン栽培の雑草抑制および果実品質に与える影響, 日本作物学会四国支部会, 11月, 徳島, 日本作物学会四国支部会報 46, 42-43.

森美由貴, 道岡昌美, 上野秀人 (2009) 水田代掻き水からの土壌養分損失に関する実態調査, 日本作物学会四国支部会, 11月, 徳島, 日本作物学会四国支部会報 46, 44-45.

杉本秀樹, 瀬戸あき子, 小西良平, 諸隈正裕, 上野秀人, シャイク タンビール ホセイン, 荒木卓哉, 江崎次夫, 枝重有祐 (2009) 水田における脱塩・乾燥クラゲの肥料効果と雑草抑制効果, 日本作物学会四国支部会, 11月, 徳島, 日本作物学会四国支部会報 46, 72-73.


山田浩之, Limin A., 佐藤空, Wijonarko S., 当真要, Darung U., 井上京, 波多野隆介 (2009) インドネシア熱帯泥炭地における温室効果ガス発生量と泥炭沈下量との関係, 日本土壌肥料学会京都大会, 京都, 9月 (口頭発表).

2008
浅木直美, 上野秀人 (2008) マメ科緑肥リビングマルチ条件下の水稲栽培における湛水開始時期の違いが水稲の生育,収量に与える影響, 日本作物学会四国支部会, 日本作物学会紀事 78(1), 27-34.

浅木直美, 上野秀人 (2008) 9種類の15N標識緑肥のN無機化率と水稲利用率との関係, 日本土壌肥料学会名古屋大会, 愛知, 9月, 日本土壌肥料学会講演要旨集 54, 151.

河野修一, 杉本秀樹, 上野秀人, 江崎次夫, 車斗松, 全槿雨 (2008) エチゼンクラゲ類を活用した山火事跡地の森林再生, 日本緑化工学会・日本景観生態学会・応用生態工学会 ELR2008福岡, 8月, 福岡, 講演要旨集, 112.

河野修一, 枝重有祐, 垣原登志子, 小林範之, 稲本亮平, 杉本秀樹, 上野秀人, 江崎次夫, 中島勇喜, 車斗松, 全槿雨 (2008) 海岸防災林の造成(Ⅳ) エチゼンクラゲ類を活用した山火事跡地の森林再生, 日本海岸林学会, 11月, 岩手, 日本海岸林学会岩手大会講演集, 19-20.

杉本秀樹, 瀬戸あき子, 小西良平, 神野匡永, 星加有希菜, 佐藤裕, 上野秀人, 浅木直美 (2008) 脱塩・乾燥クラゲを利用した水稲栽培.米ぬかとの混合施用による雑草抑制・肥料効果(予報), 日本作物学会四国支部会, 11月, 香川, 日本作物学会四国支部会報 45, 72-73.

阿立真崇, 山下陽一, 石掛桂司, 山下淳, 杉本秀樹, 上野秀人 (2008) 3種類の無農薬水田除草を行った水田における水稲生育および収量, 日本作物学会四国支部会, 11月, 香川, 日本作物学会四国支部会報 45, 74-75.

清水一大, 上野秀人 (2008) 菌根菌接種および植物残渣施用土壌で栽培した陸稲の生育収量および菌根菌の生態, 日本作物学会四国支部会, 11月, 香川, 日本作物学会四国支部会報 45, 76-77.

杵渕萌里, 上野秀人, 浅木直美, 佐野祥平, 清水一大, 菅家文教, 大森誉紀, 福田直大 (2008) 落ち綿マルチが夏播きレタスの生育および収量に与える影響, 日本作物学会四国支部会, 11月, 香川, 日本作物学会四国支部会報 45, 78-79.

浅木直美, 上野秀人, 杵渕萌里, 菅家文教, 大森誉紀, 福田直大 (2008) 落ち綿マルチを敷設したレタス栽培における土壌養分動態, 日本作物学会四国支部会, 11月, 香川, 日本作物学会四国支部会報 45, 80-81.

佐野祥平, 上野秀人 (2008) 有機質肥料を施用したトマトハウス栽培における基肥窒素の吸収および転流, 日本作物学会四国支部会, 11月, 香川, 日本作物学会四国支部会報 45, 82-83.

上野秀人, 稲垣さつき, 西山 周, 真鍋由美子 (2008) 愛媛県中予地域の水稲有機栽培における収量・品質と土壌特性・栽培管理との関係, 日本作物学会, 3月, 茨城, 日本作物学会記事 78(別1), 62-63.

当真要, 山田浩之, 木村園子ドロテア, 波多野隆介 (2008) 三笠市たまねぎ畑における気候変動に伴う亜酸化窒素発生量の変動予測, 日本土壌肥料学会名古屋大会, 愛知, 2008年9月 (口頭発表).

2007
小松崎将一, 楠本理香, 大木葉ちはる, 浅木直美, 上野秀人,荒城雅昭, 荒木肇 (2007) カバークロップ残渣窒素の土壌生態系での動態と後作物へのフロー, 土壌動物学会第30回記念大会, 5月, 神奈川.

上野秀人, 浅木直美 (2007) 重窒素トレーサーを用いた間接法による有機質肥料由来窒素の動態解析, 重窒素圃場利用研究会, 8月,東京.

今井清之, 柴原藤善, 上野秀人 (2007) 水稲に対する有機質肥料由来窒素の動態と側条施肥技術の確立, 日本土壌肥料学会東京大会, 東京, 2007年8月, 講演要旨集 53, 151.

浅木直美, 上野秀人 (2007) 数種類の15N標識緑肥の化学的特性と水稲利用率との関係, 日本土壌肥料学会東京大会, 東京, 2007年8月, 講演要旨集 53, 152.

浅木直美, 上野秀人 (2007) 水稲による種々の緑肥由来窒素の吸収特性と水稲生育, 日本農作業学会平成19年度関東支部ワークショップ, 12月, 茨城.

上野秀人, 山下陽一, 河野貴幸, 三好譲, 村上和夫, 阿立真崇, 杵渕萌里, 浅木直美, 山内康司 (2007) .........., 3月, 東京, 農作業研究, 41(別1), 159-160.

稲垣さつき, 上野秀人, 西山周, 真鍋由美子 (2007) 愛媛県中予地域の有機栽培水田における土壌特性と栽培管理が水稲収量および品質に与える影響, 日本作物学会四国支部会, 11月, 香川.

山下陽一, 三好譲, 石掛桂士, 山下淳, 杉本秀樹, 上野秀人, 菅家文教 (2007) 代掻き作業を省力化した水稲布マルチ直播栽培における水稲生育と収量, 日本作物学会四国支部会, 11月, 香川.

三好譲, 山下陽一, 村上和夫, 上野秀人, 福田直大, 菅家文教 (2007) 汚泥添加布マルチの敷設がキャベツの生育,収量,品質に与える効果, 日本作物学会四国支部会, 11月, 香川.

石掛桂士, 山下陽一, 三好譲, 上野秀人 (2007) 減農薬ハクサイ栽培におけるコンパニオンプランツの害虫防除能(予報), 日本作物学会四国支部会, 11月, 香川.

当真要, 木村園子ドロテア, 木志堅, 波多野隆介 (2007) 北海道三笠市における土地利用変化に伴う温室効果ガス発生量の変化, 日本土壌肥料学会北海道支部会, 北海道, 2007年12月 (口頭発表).

当真要, 高階史章, UNTUNG Darung, 倉持寛太, 波多野隆介 (2007) インドネシア熱帯泥炭農地土壌における施肥窒素および土壌有機物からのN2O発生, 日本土壌肥料学会東京大会, 東京都, 2007年8月 (ポスター発表).

榎本明子, 柳井洋介, 豊田剛己, 当真要, 波多野隆介, Suwido H. Limin (2007) カリマンタン島における土地利用変化が亜酸化窒素発生と脱窒糸状菌に及ぼす影響, 日本土壌微生物学会千葉大会, 千葉県, 2007年6月 (口頭発表).

2006
上野秀人, 三好譲, 山下陽一, 村上和夫, 阿立真崇, 河野貴幸, 猪谷信忠, 杵渕萌里, 浅木直美, 高橋靖典 (2006) ペレット化堆肥の施用作業効率とキャベツ生育に与える効果, 3月, 茨城, 農作業研究, 41(別1), 159-160.

浅木直美, 上野秀人, 猪谷信忠 (2006) マメ科草生マルチ水稲栽培における灌水管理が水稲生育,収量,外観品質および食味に与える影響, 3月, 東京, 日本作物学会紀事, 75(別1), 24-25.

Ebid A., Ueno H., Asagi N. (2006) Fate of C and N from 13C and 15N dual-labeled maize stover compost applied in vegetable cultivation soils. Sep., Akita Japan. Abstracts of the Ann. Meeting, Jpn. Soc. Soil Sci. Plant Nutr., 52, 127.

浅木直美, 上野 秀人 (2006) 9種類の15N標識緑肥を施用した水田土壌における窒素動態の解明, 9月, 秋田, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 52, 120.

五味祐一郎, 上野秀人, 鶴見武道 (2006) 木竹炭施用土壌のハツカダイコン連続栽培における生育および収量.11月,松山,日本作物学会四国支部会報, 43, 36-37.

三好譲, 山下陽一, 村上和夫, 山内康司, 上野秀人 (2006) ペレット状バーク堆肥の施用がハツカダイコンの生育収量に与える効果.11月,松山,日本作物学会四国支部会報, 43, 38-39.

山下陽一, 河野貴幸, 三好譲, 村上和夫, 阿立真崇, 杵渕萌里, 浅木直美, 山内康司, 上野秀人 (2006) ペレット状バーク堆肥および竹粉砕物がキャベツの生育収量および雑草抑草に与える効果, 11月, 松山, 日本作物学会四国支部会報, 43, 40-41.

Ebid A., Ueno H. (2006) Uptake of nitrogen and carbon from 13C and 15N dual-labeled maize stover compost and effects on growth and yield of vegetables. Matsuyama, November, Shikoku J. of Crop Science, 43, 42-43.

浅木直美, 上野秀人 (2006) 9種類の15N標識緑肥を施用した水田土壌における窒素動態の解明, 10月, 高松, 日本作物学会講演要旨集, 222, 2-3.

当真要, 波多野隆介 (2006) 三笠市たまねぎ畑からのN2O発生量の推定, 日本土壌肥料学会北海道支部会, 北海道, 2006年11月 (口頭発表).

当真要, 波多野隆介 (2006) 北海道三笠市たまねぎ畑におけるバックグラウンドのN2O発生- Emission Factor を用いたモデルの作成と適合性の検討- 日本土壌肥料学会秋田大会, 秋田県, 2006年9月 (ポスター発表).

Mu Z., Toma Y., Kimura S. D., Hatano R. (2006) Soil respiration and carbon sequestration in different upland cropping systems in central Hokkaido, 日本土壌肥料学会秋田大会, 秋田県, 2006年9月 (口頭発表).

2005
上野秀人, 梅田紀子, 西山周 (2005) 水稲の有機栽培における高品質安定生産技術に関する研究.追肥施用が収量・品質や労働に及ぼす影響, 岩手, 盛岡, 3月, 農作業研究, 40(別1), 75-76.


浅木直美, 上野秀人, 安藤東洋治 (2005) 同位体希釈法による下水汚泥資材施用水稲栽培土壌の窒素動態解明, 9月, 島根, 松江, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 147.

Ebid A., Ueno H. (2005) Carbon and nitrogen uptake by rice plant grown in a paddy soil amended with 13C and 15N dual-labeled corn compost. Sep., Matue, Japan. Abstracts of the Ann. Meeting, Jpn. Soc. Soil Sci. Plant Nutr. 51, 116.

猪谷信忠, 上野秀人, 池田千春, 鶴見武道 (2005) 竹炭と木炭の道路植樹帯への敷設効果(第2報).敷設8ヶ月目までの雑草抑制および土壌理化学性に対する効果, 9月, 島根, 松江, 日本土壌肥料学会講演要旨集, 51, 164.

上野秀人 (2005) カバークロップ-土壌-作物間の窒素動態の解析, 9月, 札幌, 北大フィールドセミナー.

上野秀人, 猪谷信忠, 浅木直美, 西山周 (2005) 愛媛県中予地域における有機栽培水稲の生育・収量および土壌特性との関係.第2報 追肥施用および疎植の効果, 11月, 香川, 日本作物学会四国支部会報, 42, 26-27.

浅木直美, 上野秀人, 猪谷信忠 (2005) マメ科草生マルチ不耕起水稲栽培における潅水管理が水稲の生育と収量および緑肥由来養分の溶出に与える影響, 11月, 香川, 日本作物学会四国支部会報, 42, 22-23.

猪谷信忠, 上野秀人, 浅木直美 (2005) 木炭と竹炭の施用が水稲の生育及び収量に与える影響, 11月, 香川, 日本作物学会四国支部会報, 42, 24-25.

三好譲, 猪谷信忠, 上野秀人, 浅木直美, 山下陽一, 村上和夫, 高橋靖典 (2005) ペレット状バーク堆肥の施用がコマツナとニンジンの生育収量および土壌特性に与える効果, 11月, 香川, 日本作物学会四国支部会報, 42, 28-29.

当真要, 波多野隆介 (2005) 農地土壌への作物残渣投入がN2O放出に与える影響, 日本土壌肥料学会北海道支部会, 北海道, 2005年12月 (口頭発表).

当真要, 波多野隆介 (2005) 北海道三笠市たまねぎ畑における化学肥料、作物残渣、土壌からのN2O、NO排出, 日本土壌肥料学会島根大会, 島根県, 2005年9月 (口頭発表).

2004
三澤 優, 上野秀人 (2004) 13Cグルコース・15N塩安施用水田における炭素・窒素動態の解明.第2報土壌バイオマスの13C, 15N動態, 福岡, 9月, 日本土壌肥料学会, 講演要旨集, 50, 129.

浅木直美, 上野秀人, 荻原均, 関矢博幸 (2004) マメ科緑肥草生マルチを用いた水稲不耕起栽培における複粒化種子点播と苗立ち率, 沖縄, 9月, 日作紀, 218(別), 2, 294-295.

上野秀人 (2004) 未利用有機物の農耕地土壌施用技術に関する研究, 松山, 8月, 愛媛大学環境学シンポジウム, 講演要旨集, 18.

浅木直美, 上野秀人, 安藤東洋治 (2004) 下水汚泥資材の施用が水稲生育と養分吸収に与える影響, 南国市, 11月, 日本作物学会四国支部会報, 41, 34-35.

三澤優, 上野秀人 (2004) マメ科草生マルチ不耕起水稲栽培における品種,生育,収量特性および土壌養分特性に関する解析, 高知, 南国市, 11月, 日本作物学会四国支部会報, 41, 30-31.

Ghoneim A., Ueno H., Ebid A. (2004) Effects of biogas slurry on growth and yield of paddy rice and nitrogen dynamics in soil. Nangoku, November, Shikoku Journal of Crop Science, 41, 36-37.

Ebid A., Ueno H., Ghoneim A. (2004) Carbon and nitrogen uptake by rice plant grown in a paddy soil amended with 13C and 15N dual-labeled corn compost. Nangoku, November, Shikoku Journal of Crop Science, 41, 38-39.

土網麻理子, 上野秀人 (2004) モミガラペレット,竹クズ,木クズ,米ヌカ施用が水田雑草および水稲生育・収量に及ぼす影響, 高知, 南国市, 11月, 日本作物学会四国支部会報, 41, 44-45.

猪谷信忠, 上野秀人, 鶴見武道 (2004) 竹炭の敷設が道路植樹帯の雑草抑制および土壌化学性に与える効果, 高知, 南国市, 11月, 日本作物学会四国支部会報, 41, 46-47.

三澤優, 上野秀人 (2004) 13C, 15Nトレーサー法による水田土壌中の土壌微生物バイオマスを中心とした炭素・窒素動態の解析, 京都, 12月, 2004年度日本土壌肥料学会関西支部講演会要旨集, 29.

浅木直美, 上野秀人, 安藤東洋治 (2004) 下水汚泥資材施用がコマツナ生育と養分吸収および土壌特性に与える影響, 京都, 12月, 2004年度日本土壌肥料学会関西支部講演会要旨集, 32.

Ghoneim A., Ueno H., Ebid A. (2004) Nutrients dynamics in Komatsuna growing soil fertilized with biogas slurry by 15N dilution method. Kyoto, December, Kansai Branch Meeting, Japanese Soc. Soil Sci. Plant Nutr. Abstract, 31.

Ebid A., Ueno H., Ghoneim A. (2004) Nitrogen dynamics in vegetables growing soils applied with tea leaf, coffee and kitchen composts by 15N dilution method, Kyoto, December, Kansai Branch Meeting, Japanese Soc. Soil Sci. Plant Nutr. Abstract, 30.

当真要, 波多野隆介 (2004) 農耕地から放出されるN2Oの長期モニタリング~三笠市たまねぎ畑における事例研究~, 日本土壌肥料学会北海道支部会, 北海道, 2004年12月 (口頭発表).

当真要, 波多野隆介 (2004) 北海道三笠市たまねぎ畑におけるN2O生成・放出パターンの評価, 日本土壌肥料学会福岡大会, 福岡県, 2004年9月 (口頭発表)

2003
上野秀人, 鈴木孝康, 本荘陽一 (2003) カバークロップを利用した水稲栽培と窒素・炭素循環, 日本農作業学会, 松山市, 3月, 農作業研究, 38(別1), 175-176.

上野秀人, 松澤光, 宮地雅仁 (2003) 各種有機質肥料を施用した土壌の窒素無機化特性およびレタスによる窒素吸収の解析, 日本土壌肥料学会, 川崎市, 8月, 講演要旨集, 49, 127.

奥野祐崇, 上野秀人, 石岡巌, 高木和広 (2003) マメ科草生マルチ不耕起水田における微生物群衆構造の解明と生物活性測定:リン脂質脂肪酸分析とFDA分解酵素活性の測定, 日本土壌肥料学会, 川崎市, 8月, 講演要旨集, 49, 46.

三澤優, 上野秀人, 松村奈理広 (2003) 13C,15Nラベル稲わら堆肥施用水田における炭素および窒素動態: 第2報 堆肥由来炭素および窒素の吸収, 日本土壌肥料学会, 川崎市, 8月, 講演要旨集, 49, 123.

三澤優, 上野秀人 (2003) 13C,15Nラベル稲わら堆肥施用水田における炭素および窒素動態:稲わら堆肥由来炭素および窒素の経根的吸収, 日本作物学会四国支部会, 高松市, 11月, 講演要旨集, 40, 7.

永山芳和, 上野秀人 (2003) 生分解性ポット育苗における施肥量の違いが苗生育および品質に及ぼす影響, 日本作物学会四国支部会, 高松市, 11月, 講演要旨集, 40, 7.

吉元肇, 上野秀人, 西山周 (2003) 愛媛県中予地域における有機栽培水稲の生育・収量および土壌特性との関係, 日本作物学会四国支部会, 高松市, 11月, 講演要旨集, 40, 9.

奥野祐崇, 上野秀人 (2003) 新鮮有機物の施用方法の違いが畑作物の窒素吸収に及ぼす影響, 日本土壌肥料学会関西支部会, 高知市, 12月, 講演要旨集, 99, 10.

佐藤樹, 上野秀人, 松澤光, 西山周 (2003) 有機栽培された野菜の品質と活性酸素除去効果について, 日本土壌肥料学会関西支部会, 高知市, 12月, 講演要旨集, 99, 11.

三澤 優, 上野秀人 (2003) 13Cグルコース-15N塩安施用水田における炭素・窒素動態の解明: (第1報)水稲による炭素・窒素吸収, 日本土壌肥料学会関西支部会, 高知市, 12月, 講演要旨集, 99, 10.

当真要, 波多野隆介 (2003) 三笠市タマネギ畑における窒素収支, 日本土壌肥料学会北海道支部会, 北海道, 2003年12月 (口頭発表)

2002
佐藤樹, 上野秀人, 松村奈理広, 長井伸 (2002) 蛍光X線顕微鏡による水稲のケイ酸濃度測定:第1報 測定法法の確立, 日本土肥料学会関西支部講演会, 香川, 12月, 講演要旨集, 98, 31.

松村奈理広, 上野秀人, 中野尚夫 (2002) 切断再生紙を根域に埋設した砂丘地土壌におけるダイズ生育および土壌養分動態第3報深度別土壌水分の動態解析, 日本土壌肥料学会関西支部講演会, 香川, 12月, 講演要旨集, 98, 19.

三澤優, 上野秀人, 松村奈理広 (2002) 13C, 15Nラベル堆肥施用水田における炭素および窒素動態:第1報 可溶性有機態炭素,窒素および土壌バイオマスとの関係, 日本土壌肥料学会関西支部講演会, 香川, 12月, 講演要旨集, 98, 36.

長井伸, 上野秀人, 楠谷彰人, 松村奈理広, 奥野祐崇, 佐藤樹, 三澤優, 宮地雅仁 (2002) マメ科草生マルチ不耕起水田における水稲生育および収量に関する品種特性, 日本作物学会四国支部会, 愛媛, 11月, 講演要旨集, 39, 1.

佐藤樹, 上野秀人, 長井伸, 松村奈理広 (2002) 蛍光X線顕微鏡による水稲のケイ酸濃度測定法の確立, 日本作物学会四国支部会, 愛媛, 11月, 講演要旨集, 39, 2.

松村奈理広, 上野秀人, 中野尚夫 (2002) 古紙および堆肥を埋設した砂丘地土壌におけるダイズ生育と土壌養水分動態, 日本作物学会四国支部会, 愛媛, 11月, 講演要旨集, 39, 6.

松村奈理広, 上野秀人, 中野尚夫, 久保朝夕実 (2002) 切断再生紙を根域に埋設した砂丘地土壌におけるダイズ生育および土壌養分動態:第2報 交換性陽イオン,リン酸,および土壌バイオマス量の分布, 日本土壌肥料学会, 名古屋, 4月, 講演要旨集, 48, 13.

2001
鈴木孝康, 上野秀人, 本荘陽一, 松村奈理広, 吉野久恵, 嶺田拓也, 日鷹一雅 (2001) マメ科草生マルチを活用したLISA型不耕起水田土壌における養分動態の解析, 第47回日本土壌肥料学会, 高知, 4月, 講演要旨集, 47, 147.

本荘陽一, 上野秀人, 鈴木孝康, 松村奈理広, 吉野久恵, 嶺田拓也, 日鷹一雅 (2001) マメ科草生マルチ水田における土壌バイオマスN, Pの動態, 第47回日本土壌肥料学会, 高知, 4月, 講演要旨集,47, 148.

鈴木孝康, 上野秀人, 三澤 優, 宮地雅仁, 奥野祐崇, 島田絵未, 長井 伸, 松村奈理広, 本荘陽一 (2001) 有機物資材施用による水田抑草メカニズムの解明 -栽培初期における焼酎廃液資材及び米ぬかの抑草効果-, 日本作物学会四国支部会講演会, 徳島, 11月, 日本作物学会四国支部会報.

本荘陽一, 上野秀人, 鈴木孝康, 長井 伸, 松村奈理広, 奥野祐崇, 島田絵未 (2001) マメ科草生マルチ水田における土壌バイオマスNの動態が水稲生育に与える影響, 日本作物学会四国支部会講演会, 徳島, 11月, 日本作物学会四国支部会報.

長井 伸, 上野秀人, 楠谷彰人, 鈴木孝康, 本荘陽一, 松村奈理広, 奥野祐崇, 島田絵未, 三澤 優, 宮地雅仁 (2001) マメ科草生マルチ不耕起水田における水稲26品種の生育および収量特性, 日本作物学会四国支部会講演会, 徳島, 11月, 日本作物学会四国支部会報.

山下陽一, 阿立真崇, 上野秀人, 鈴木孝康, 本荘陽一 (2001) マメ科緑肥施用水田における再生紙マルチ水稲栽培時の生育特性及び養分動態, 日本作物学会四国支部会講演会, 徳島, 11月, 日本作物学会四国支部会報.

阿立真崇, 山下陽一, 上野秀人, 鈴木孝康, 本荘陽一 (2001) 各種有機物すき込み水田における再生紙マルチ直播栽培の苗立ちおよび生育特性. 日本作物学会四国支部会講演会, 徳島, 11月, 日本作物学会四国支部会報.

広瀬卯喜応, 上野秀人, 藤田豊久, 鈴木孝康, 本荘陽一,松村奈理広, 福山寿雄, 松枝直人, 逸見彰男 (2001) 日本土壌肥料学会関西支部会, 山口, 11月, 講演要旨集, 48.

鈴木孝康, 上野秀人, 本荘陽一, 松村奈理広, 長井伸, 奥野祐崇, 島田絵未, 三澤優, 宮地雅仁 (2001) マメ科草生マルチを活用したLISA型不耕起水田土壌における養分動態の解析, 第2報 緑肥草種の違いが有機酸生成に及ぼす影響, 日本土壌肥料学会関西支部会, 山口, 12月, 講演要旨集, 48, 237.

本荘陽一, 上野秀人, 鈴木孝康, 松村奈理広, 長井伸, 奥野祐崇, 島田絵未 (2001) マメ科草生マルチ水田における土壌バイオマスNの動態, 緑肥分解と植物生育が土壌バイオマスに及ぼす影響, 日本土壌肥料学会関西支部会, 山口, 12月, 講演要旨集, 48, 237.

松村奈理広, 上野秀人, 中野尚夫, 久保朝夕実 (2001) 切断再生紙を根域に埋設した砂丘地土壌におけるダイズ生育及び土壌養分動態, 日本土壌肥料学会関西支部会, 山口, 12月, 講演要旨集, 48, 237.

2000
上野秀人 (2000) マルチングによる無農薬栽培技術, 日本作物学会四国支部会報, 愛媛, 松山, 12月, 36, 120-125.

鈴木孝康, 上野秀人, 小林聡, 石川こずえ, 嶺田拓也, 日鷹一雅 (2000) マメ科草生マルチ不耕起水田土壌における養分動態の解析(1)土壌理化学性と生育特性, 日土肥誌講要集, 46, 133, 東京, 4月.

上野秀人, 鈴木孝康, 小林聡, 石川こずえ, 嶺田拓也, 日鷹一雅 (2000) マメ科草生マルチ不耕起水田土壌における養分動態の解析(2)緑肥由来窒素の動態, 日土肥誌講要集, 46, 133, 東京, 4月.

1999
上野秀人, 石川こずえ, 鈴木孝康 (1999) 土壌のアミダーゼ活性測定法の検討, 日土肥誌講要集, 北海道, 札幌, 8月, 45:45.

Ueno H., Ishikawa K (1999) Measurement of N-acetylglucosamine deaminase activity in soil., The Ninety-First Annual Meeting, Soil Science Society of America, Abstract, Salt Lake City, Utah, USA, Oct., p225.