生命科学から農学へ

基礎研究あっての応用研究

 これまで解決できなかった問題を新しい技術を使って克服できる時代になってきました。そして応用研究を行うためにはより一層、地道な基礎研究が大切になっています。私たちの研究室では、植物病理学の基礎から遺伝子工学などの最新技術まで学ぶことができ、基礎研究を通して諸問題の解決に貢献できます。
 植物の病気を学びたい、食糧問題や環境保全に分子生物学的に取り組みたい、遺伝子組換えに興味がある、植物免疫について研究したいという人はぜひ研究室に参加してください。大学院生については学部で植物病理学を学んでいなくても歓迎します。

研究の概要

植物の病気を研究する ~植物病理学~

 植物は地球上のあらゆる生物の生命活動を支える源であり、私たち人間にとっては食料生産および環境維持に必要不可欠な存在です。しかし、作物をはじめとする植物は様々な環境ストレスにさらされており、食料確保や環境保全のためにいかに植物を保護するかが重要となってきます。実際に毎年、作物の総収量の30~40%が病害虫によって失われています。植物の病気、特に病原体によって引き起こされる病害の仕組みを究明し、それを予防する方法を研究する学問が植物病理学です。植物にとっての医学と考えてもいいかもしれません。私たちの研究室では、病原体がどのようにして病気を引き起こすのか、それに対して植物はどのようにして病気と闘うのかを細胞学的、分子生物学的に研究しています。主に絶対寄生菌であるオオムギうどんこ病菌に着目し、その形態形成と感染戦略について様々な方向からアプローチしています。他にも様々な病原菌について研究しています。




研究対象生物

植物病原菌:
オオムギうどんこ病菌、その他のうどんこ病菌、オオムギ黒節病菌、トマト斑葉細菌病菌、カンキツかいよう病菌、カンキツ黒点病菌、キウイフルーツかいよう病菌、ポストハーベスト病原菌など
宿主植物:
オオムギ、シロイヌナズナ、ベンサミアナタバコ、ブラキポディウム、エンドウ、柑橘類、キウイフルーツ、トマトなど

研究室の活動と主な年間行事

 研究室では、毎週月曜日の朝にミーティング、毎週木曜日にセミナー(プログレス、ジャーナルクラブ)を行っています。日々、英語の論文を読んだり、細胞学、分子遺伝学や生化学的な実験をしています。また、オオムギうどんこ病菌は絶対寄生菌なので、維持するために人工気象器内で毎週オオムギに接種し続けています。秋から春にかけては農学部圃場にあるガラス室内のオオムギの世話もします。その他の植物病原菌の維持のためにトマトやジャガイモ、ダイズやキュウリなどいろんな作物も栽培しており、その収穫も研究の楽しみのひとつになっています。
 8月にオープンキャンパスがあり、普段なかなか見ることのできない病原菌を顕微鏡で観察することができます。
 大学院入学試験が9月にあるため、大学院進学希望の4回生にとっては“暑い夏”になるでしょう。新たに大学院進学に興味を持つことになった場合や万が一合格できなかった場合でも、1月に第2次入学試験がありますので進路を考え直す時間は十分にあるといえます。大学院進学に興味のある人は教員にメール等で連絡してください。
 研究を頑張っていると学会発表の機会が与えられることがあります。自分の成果を発表したい人、最新の情報に触れて刺激を受けたい人、他大学の研究者や学生と交流したい人、全国各地に行ってみたい人などは日々実験に邁進しましょう。




4月 新歓コンパ
花見
5月 農学部祭
6月

オオムギ収穫祭

7月 獅鷹掌祭 
8月 オープンキャンパス
植物感染生理談話会
大学院入学試験 
9月 日本植物病理学会関西部会 
10月 後期開始
11月 オオムギ播種
12月 タテコン
忘年会
1月 大学院入学試験(第2次)
2月 卒論発表会
修論発表会 
3月 研究室送別会
卒業式
日本植物病理学会本大会