研究室紹介

研究・教育に関する取り組み

工作機械を利用して材料加工などを行なうため、安全教育を徹底しています。
実際の栽培管理作業や農業機械の運転なども経験してもらいます。
数学的、工学的なアプローチが重要になっています。必要な数値解析、制御理論、プログラミング法など、ゼミを通して理解してもらいます。

※研究室配属される学生の中にも、数学や物理が苦手な学生がいます。ゼミでは、学部生(特に配属されたばかりの3年生)には、必要に応じて教員や院生が個別指導をし、苦手を克服して研究に取り組めるようにしています。積極的に取り組んで苦手を克服していきましょう!
配属された学生には、デスクとPCを1セットずつ用意しますので、積極的に研究室へきてください。

設備

工作機械(植物工場センター内)

工作機械(植物工場センター内)
切断機、ボール盤、溶接機、グラインダーなど金属材料加工用の機械があります。

風洞型チャンバー(植物工場センター内)

風洞型チャンバー(植物工場センター内)
温度、湿度、照度など一般的な環境制御に加えて風速の制御ができるチャンバーです。

超音波発生装置付きチャンバー

超音波発生装置付きチャンバー
複数の周波数帯の超音波が発生する装置が付いた防音型チャンバーです。

PIVシステム(植物工場センター内)

PIVシステム(植物工場センター内)
流体の可視化計測ができるシステムです。

流体解析ソフト

流体解析ソフト
2種類の解析ソフトがあります。
2016年度に2つ目の解析システムが導入され、解析速度が大幅に向上しました。

害虫モニタリング用管理サーバ―

害虫モニタリング用管理サーバ―
粘着シートで捕殺した害虫画像の収集と処理ができ、発生状況や拡散状況を把握できます。

分光光度計

分光光度計
花の紫外画像などの計測に利用しています。
その他、関係する計測機器や解析ソフトを揃えています。

研究室、実験室の様子

学生研究室

学生研究室
院生用、学部生用学生研究室に分かれています。
学部生室からは道後温泉方面や石手寺の観音様も見えます。
(マウスオーバーで画像が変わります)

ゼミ室

ゼミ室
ゼミや打合せ、飲み会などで利用しています。
(マウスオーバーで画像が変わります)

実験室(植物工場センター内)

実験室(植物工場センター内)
工作や機械の組み立てなどもこの部屋でできます 研究室に隣接した実験室、別棟の実験室もあります。

ゼミ

1.研究進捗状況報告(通年)

4回生以上の学生が、月に一回、研究の進捗状況報告をA4 1枚程度にまとめ、全員で討論します。
前期末や年末にはパワーポイントによる中間発表を行います。

2.数値解析(前期)

研究に必要な解析法やプログラミング法について、教員、院生が分担し、講義+演習形式で行います。

3.英語文献(後期)

3回生が研究に関連する英語文献を収集し、パワーポントで内容について解説します。
卒業論文に向けての準備です。

4.その他

研究グループごとに適宜ゼミがやエンジンの解体組立も開催されます。

その他

進路・進学

2020年度

2019年度

2018年度

2017年度

  • 愛媛大学大学院農学研究科

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度以前

【企業】

井関農機(株)、(株)大仙、オートバックス、イカリ消毒(株)、大和酸素工業(株)など

【公官庁】

東温市役所、京都市教員

【大学院進学】

愛媛大学大学院農学研究科

PAGE TOP