愛媛大学農学部 生物環境学科 森林資源学コース
  • 森林水文気象観測試験地 愛媛県大洲市内

  • 森林水文量水試験地 愛媛県大洲市内

  • 気象フラックス観測タワー  愛媛県大洲市内

  • 気象フラックス観測タワーからの遠望

  • 森林水文共同研究試験地(気象フラックス観測タワー) 滋賀県甲賀市信楽

  • 森林環境制御研究室

    Laboratory of Geo-ecosystem Control and Watershed Management

森林の水源涵養機能

森林の水源涵養機能は森林が持つ公益的機能のひとつである。研究室では、この水源涵養機能の定量化とその特性についての解明をめざして長期的に研究を行っています。

詳しく

森林水文観測

森林水文研究の基本は、長期間試験地の降雨量と流出量を観測することです。研究室では、県内県外で共同研究を通じて森林の小流域試験での森林水文観測を実施しています。

詳しく

微気象・Flux観測

森林の蒸発散を調べるため、タワー観測を行っています。県内県外の森林気象タワーにおいて共同で微気象・Fluxの観測を行っています。県内の観測は平成31年に終了します。

詳しく

砂防について

研究室ではリモートセンシングを用いた災害のモニタリングの研究を行っています。平成16年に発生した愛媛県の災害など、崩壊地を対象に解析を行っています。

詳しく

観測データ公開

共同で観測し、研究室に所蔵している雨量・流量などの水文観測データの一部を公開する予定にしています。準備できしだいHPに公開する予定です。          

詳しく

共同研究

研究室では、現在、あるいは過去においていくつかの他大学などと、共同研究を行っています。それらの研究の概要について紹介いたします。

    

詳しく


W

お知らせ

2017/07/05 ホームページを更新しました。





W




 


連絡先 〒790-8566 愛媛県松山市樽味3丁目5番7号
n-ebisu[at]agr.ehime-u.ac.jp [at]を@に変更してください。

内線418

Copyright © Laboratory of Geo-ecosystem Control and Watershed Management. Ehime University. All rights reserved.

 

森林資源学コースのページにもどる