研究室概要

持続的に安定した食料生産を行なうべく、農業を産業として支えるために必要な工学的技術やシステム開発に関する研究教育を行なっています。
機械、ロボットやプログラミングなどの工学的技術を使って、これからの農業を支える超省力化技術の研究開発に興味をお持ちの方は、ぜひ当研究室で一緒に頑張りましょう。

  1. 植物工場などの施設型農業への支援技術として、各種作業および農産物情報を収集する知能ロボットの開発
  2. 流体工学的手法に基づいた農業施設内の気流制御技術の開発や農業機械の最適化
  3. 農業生産現場における環境負荷低減のため、省エネルギ型農業機械の開発   など

お知らせ

日本生物環境工学会2017年松山大会にて、修士2回生の成内君が優秀ポスター賞を受賞しました! NEW
新年度がスタートしました。今年は、メンバーも大幅に増え、賑やかにいきたいと思います!
ホームページをリニューアルしました。
PAGE TOP